Parallels Desktop 9 for Macの体験版を試してみた。

Screen Shot 2014-05-10 at 1.13.54 AM Mac OS Xでは、よく知りませんが途中からBoot CampというOS X標準の機能を使うことでWindowsを使う事が出来ます。
しかし、BootcampではWindowsを別途ブートする必要があるため、MacとWindowsを使い分けるには問題ありませんが、同時に両方のOSを使うには不便な面もあります。

Parallels Desktop 9 for Macというソフトを使うことで、Mac上でWindowsを使えます。同時に、です。

体験版のダウンロード
http://www.parallels.com/jp/products/desktop/

上記から、Parallels Desktop 9の体験版を入手できます。

 

 

Screen Shot 2014-05-10 at 12.05.06 AM ダブルクリックでインストールをします。

 

 

Screen Shot 2014-05-10 at 12.09.56 AM

インストールは数分で完了します。

 

 

Screen Shot 2014-05-10 at 12.07.56 AM既にBoot Campを設定している場合は、「Use Windows from Boot Camp」で引き継げます。 DVDやイメージファイルから新しくセットアップする事も出来ます。 Windows以外にもChrome OS、Linux Ubuntu、Androidなどを入れる事も出来るみたいです。

 

 

Screen Shot 2014-05-10 at 1.27.16 AM

 

セットアップが完了するとWindowsが起動します。

 

 

Screen Shot 2014-05-10 at 1.28.13 AM

Mac OS X(10.9.2)とWindows 8が同時に動いています。

 

 

Screen Shot 2014-05-10 at 1.29.02 AMCoherenceモードにすることで、Macのネイティブアプリのように動作します。

 

 

Screen Shot 2014-05-10 at 1.30.27 AM

Windows向けGoogle Chromeを起動しました。Macのソフトウェアと同時に使えています。コピー&ペーストも普通に使えます。

 

 

Screen Shot 2014-05-10 at 1.46.02 AM

最小化したWindowsソフトウェアはDockに収納されます。 Macソフトウェアと同じように使えます。
プログラムアイコンに赤い縦二重線はParallels Desktopの関連である事を意味します。
Windows用Mac用のプログラムが判別できなくなることが無いので助かります。
Coherenceモードを解除し、最大化することでWindows PCのように動作させることもできます。

 

 

 

(このYouTubeビデオは4K設定で再生出来ます)

このように動作させることも出来ます。 ちょっと動作が重く見えますがキャプチャしているためです。キャプチャしていない状態だと割と快適に使えました。

 

 

Screen Shot 2014-05-10 at 1.32.48 AM

WindowsのスクリーンショットはParallels DesktopのViewから行えます。
作成したスクリーンショットはMacのデスクトップ上に保存されます。
他にも、MacのFinderなどからデータを開くとき、Windowsのプログラムで開くことも出来るようになったり、Macのショートカットキーがそのまま使えます(Command + Qでプログラム終了も)
もちろん、Mac対応のソフトウェアがあるのなら、そちらを使った方がパフォーマンスは良いでしょう。
しかし、Windowsにしか無いソフトを使う場合はParallels Desktop 9があるとかなり便利に使えると思います。  

 

 

買うなら乗換版がお得

Screen Shot 2014-05-10 at 2.38.53 AM 通常版とアップグレード版があり、通常版は7,400円。一方で乗換版は4,600円と2,800円もお得です。※1
アップグレード版は旧バージョンをお持ちの方に限ると書いてありますが、乗換版については下記の記述がありました。


Parallels Desktop 9 for Mac 乗換・アップグレード優待版 対象製品 1. VMware社製 Fusion(全てのバージョンが対象)、2. Parallels Desktop for Mac(バージョン6以下)、3. その他同等機能のデスクトップ仮想化ソフトウェア 【注記】 ※1. – 3. とも日本語版以外をお持ちの場合も含みます。 ※3. は Boot Camp でお使いの場合も含みます。

 

ということで、Boot Campを使っているユーザーであれば問題無く乗り換え対象ということになります。

ただしパッケージにはVMware Fusionをお持ちの方がご購入いただけます。と表記されているのでちょっと不安でもあります。

 

 

※1=いずれもAppleStore(JP)の価格で記事作成時の物です。

 

 

 

  

 

 

Microsoft、Windows XPのサポートを終了。

windows_xp_bliss-wide

Windows XP プリセット壁紙の「草原」

前々から予定されていた通り、Microsoft Windows XPのサポートは日本時間での2014年4月9日に終了します。

同時にOffice 2013のサポートも終了されます。

サポートが終了するだけで、これからも今まで通り使う事は出来ますが、Windowsアップデートの更新がサポート終了により行われなくなるので、新たな微弱性に対応できなくなります。

Microsoftによるとサポート終了後もそのまま使うのはリスクが伴うとしています。

太平洋標準時で、9日の0時。日本時間では9日の16時にサポートが終了になるとのことです。

 

LINK : Windows XP と Office 2003 のサポートがまもなく終了します – Microsoft

LINK : Windows XP を 2014 年 4 月のサポート終了後も使い続けることのリスク

テキストエディタ「mi」で行折り返しの設定をする方法

Screen Shot 2014-02-09 at 5.41.37 PM

Macを使い始めてから、かなりお世話になっているテキストエディタの「mi」ですが、行折り返しの設定が分かり難かったので、その設定方法をご紹介します。
miはWindows向けのαバージョンもありますが、操作方法が同じかどうかは知りません。

 

Screen Shot 2014-02-09 at 5.40.36 PM

miを起動し、miのウィンドウがアクティブな状態で、Macの画面上部の「mi」から「Mode Preferences」(モード毎の設定)から、「Normal」(標準)をクリック。

 

Screen Shot 2014-02-09 at 5.41.15 PM

Edit(編集)タブからWrap Mode(行折り返し)をWrap with Window Width(行折り返しあり(ウィンドウ幅))をクリックします。
これで設定は完了です。

 

Screen Shot 2014-02-09 at 5.43.23 PM

使う前に、エディタ画面からモードをNormal(標準)に切り替えないと設定が適用されないので注意してください。

Screen Shot 2014-02-09 at 5.43.13 PM

すると、このように自動的に折り返してくれます。非常に便利です。 

 

 

LINK : mi

Adobe Lightroom 5でデバイスのアイコンを変更する方法

Screen Shot 2014-01-26 at 6.13.55 PM 1

Adobe Lightroom 5を使ってiPhoneやデジカメなどから写真を取り込む際、デバイスのアイコンが表示されますが、簡単に他の物に変更することが出来ます。
変更することで使い勝手が変わることもないので、変更する必要があるか無いかと言われたら、全く必要無いのですが、ちゃんとデバイス毎にアイコンを切り替えたいという場合は次の手順で変更することが出来ます。

 

Screen Shot 2014-01-26 at 6.17.41 PM

デバイスを接続して、Lightroom 5の取り込み画面からデバイスを右クリック(セカンダリータップ)をして「Add Custom Icon」を選択します。日本語だと、カスタムアイコンの追加とでもなるのでしょうか。

 

Screen Shot 2014-01-26 at 6.18.36 PM

 Explorer(Finder)が開きますので、確認してください。
そこには、「○○のiPhone」というようなデバイスの名前の画像があります。
その画像を、別の画像に置き換えてしまえばアイコンは切り替わります。

このときに注意するのは、

・置き換える画像は正方形
・解像度はそれなりに高くても大丈夫
・背景情報を透明にしないと背景色がアイコンで表示される

という点です。

 

Screen Shot 2014-01-26 at 6.22.01 PM

Photoshopでこのような画像を作成してみました。

iPhone 5s-gold 完成した画像(クリックでFlickrから透明情報付きのデータがダウンロードできます)

これを、既存のデータと置き換えます。
すると、次のようになります。

 

Screen Shot 2014-01-26 at 6.13.55 PM 1

ちゃんと作成した画像に置き換わっていますね。

 

Screen Shot 2014-01-26 at 6.29.32 PM

一眼用の画像も作ってみました。
モノクロアイコンになっていますが、ポインターを合わせることでカラーアイコン表示になる仕様のようです。 

 

 

Screen Shot 2014-01-26 at 6.42.28 PM

ここで、SDカードなどで読み込む場合、カメラの識別はディスク名で行っています。
カメラでメモリーカードをフォーマットした際に、メモリーカードのディスク名を機種名に変更しないカメラの場合は、自分でカメラの名前に書き換えてしまえば、このように使う事が出来ます。

でないと、他のSDカードでも同じアイコンになってしまいます。  

メモリーカードに名前が無い場合、メモリーカードリーダーのアイコンになるみたいです。

 

Untitled-3

Explorer (Finder)などから、メモリーカードの名前を付けることで差別化できます。

 

 

Macで画面解像度を高くして作業効率を上げる。

Screen Shot 2013-12-27 at 4.19.27 PM

(Retinaディプレイ非搭載モデルやiMacやMac miniなどでもこのアプリは使用できますが、今回は13インチのRetina Displayモデルで使っている話をします。)

MacBook ProのRetina Displayシリーズだと、画面解像度が高いのでこれを生かして画面をより広く使うことが出来ます。
Mac OS Xに搭載されている設定項目からだと限界がありますが、Quick Res(LINK : AppStore)などのアプリを使う事でより広く設定できるようになります。
画面を広く使う事で、作業効率が上がる事もあります。文字が小さくて見にくくなる人も居るかも知れません。その場合は作業効率が下がる恐れもあります。 

 

Screen Shot 2013-12-27 at 4.24.22 PM

以下は、MacBook Pro 13 Retina Displayモデルにて、Quick ResというMacアプリを使い、画面解像度を2560 x 1600に設定した状態での画面キャプチャーです。

 

cap

Adobe Premiere Pro CC (オリジナル解像度はここ)

 

Screen Shot 2013-12-27 at 4.30.56 PM

 Adobe Photoshop CC (オリジナル解像度はここ)

 

Screen Shot 2013-12-27 at 4.28.29 PM

 Safari (オリジナル解像度はここ)

 

 

 

Screen Shot 2013-12-18 at 4.26.37 AM

個人的には、画面解像度の設定はMac OS Xに搭載されている設定項目から選べる設定で使っていますが、特定のソフトウェアで作業をする際はQuick Resを使って画面解像度を一時的に高めて使用しています。

特に、Premiere Proを使う時は作業スペースを広くすることで、タイムラインの一覧性が高まり作業効率は一気に上がる気がします。
全ての人にお勧めできる内容ではありませんが、画面解像度を高くして作業効率が上がる人にはお勧めです。

 

尚、Quick ResというMacアプリは無料版と有料版があり、両者には機能の違いがあります。
詳しい情報はMac AppStoreのQuick Resの項目からご確認ください。
ちなみに私は無料版を使っています。 

Adobeの写真業界向けプログラムを契約してみた。

 Screen Shot 2013-12-03 at 7.33.07

Adobeが期間を延長したと当ブログでもお伝えした、「写真業界向けプログラム」に加入してみました。
毎月1,000円で最新のPhotoshopとLightroomが使えるのなら安いと思って加入した次第です。

 

Screen Shot 2013-12-03 at 8.01.04

使い方は、Adobeのサイトから契約をしたのち、https://creative.adobe.com/からAdobe Creative Cloudにアクセスをする。
そこから、Adobe Creative Cloud Installerをダウンロードすると、Adobeのアプリケーションを管理できるプログラムがインストールできる。

 

Screen Shot 2013-12-03 at 8.01.36

このプログラムを利用すると、ソフトウェアのダウンロードやアップデートも行えるので便利です。
ただし、Lightroomはここに含まれていないようで、上記のURLから別途ダウンロードする必要がありました。

 

インストールを終えて、認証を行えば普通に使えるようになります。

Adobe Creative Cloud (Adobe CC)の規定では、一つのライセンスで2台のパソコンにインストールして使うことがOKとされています。
なので、パソコンを2台持っている人は両方に入れることが出来きます。(同じIDでAdobe IDを使用します) 
 

[更新]Adobe、Photoshop & Lightroomの月額ライセンスが1000円になるキャンペーンを12/31まで延長。

 

Screen Shot 2013-12-03 at 7.33.07
 
Adobeは、写真業界向け(Photography Program)に同社のPhotoshopとLightroomの月額契約ライセンスを
1,000円(9.99USD)/月で販売するキャンペーンを行っていたが、これを12月31日まで延長することを発表した。
 
これにより、毎月1,000円(9.99USD)を支払い続ければ今後ずっと最新のPhotoshopとLightroomが利用できるようになる。
写真業界向けという記述があったが、写真関係の仕事に携わっている必要は無く、その証明も必要無い。
 
 
Screen Shot 2013-12-03 at 7.35.18 
 
 
 
更新
当所は、12月2日までのキャンペーンでしたが、12月9日まで延長され、さらに12月31日まで延長されることになりました。
評判が良いのでしょうか。この調子でずーっと延長されてしまえば良いと思うんですけど、どうなるんでしょうね。 
 
 
 
 
Link :  Adobe (日本)