Y!モバイルが「Pocket WiFiプランL」を発表。AXGP接続なら月間データ容量上限は無しだが3日1GB制限。3年縛り。

 

Screen Shot 2015 06 30 at 4 52 21 PM

ソフトバンクモバイル(Y!mobile)の発表によると、「Pocket WiFi プランL」というのを2015年7月15日より提供開始ということです。
このプランの特徴は、「月間データ上限が無い」という点ですが両手を離して喜べるようなものでは無さそうです。
少しだけ細かく見ていきます。

 

 

Screen Shot 2015 06 30 at 4 52 50 PM

まず、現在対象となるのはY!mobileから発売されている305ZTになります。
通信量無制限の問題で話題になった機種ですが、今後のアップデートにて「アドバンスモード」が追加されます。
アドバンスモードではAXGPと呼ばれる通信方式のみ使えるようになります。通信エリアは3GやLTEと比べて狭いのがデメリットですが、その代わり下り最大110Mbpsのインターネットが月間上限なしで利用できるようになります。

標準モードは、これまで通りの通常設定で、月間7GBをもって高速通信は終わりです。

 

アドバンスモードだけを使っていたからといって、高速データが使い放題になるのではありません。
直近3日間で1GBの通信速度制限は引き続き行われるようで、公式サイトには次のような記述がありました。

  • 「アドバンスモード」は、通信方式「AXGP」の提供エリアでご利用いただけます。 (ご利用にあたっては、ソフトウェア更新の上、Pocket WiFi本体にて「アドバンスモード」への設定変更が必要です。)
    ※「標準モード」では、当月ご利用のデータ通信量が7GBを超えた場合に、当月末までデータ通信速度の低速化(送受信時最大128Kbps)を行います。(7GBを超えた後に「アドバンスモード」に変更された場合も、同様に低速化されます。)通常速度に戻す場合は、500MBごとに500円の追加料金が必要です。(通常速度に戻す申し込みは、「My Y!mobile」またはPocket WiFi本体から可能です。1回の申し込みにあたり、当月分のみが適用されます。)
  • 混雑回避など通信品質確保のための速度制御があります。(3日間で約1GB以上利用時)

(引用以上) 

 

このプランの契約をご検討の方は、本当の無制限ではないという点に十分注意しましょう。

 

 

 

LINK : Pocket WiFiプランL – Y!mobile

SoftBank 303ZT/304ZT、Y!mobile 305ZTのファームウェアアップデートが提供開始。動作安定性の向上がメイン。

305ZTでSBM Wi-Fi。 たまに役に立つ。

SoftBankから発売されている303ZTと、法人向け304ZT。Y!mobileから発売されている305ZTの3機種でファームウェアアップデートがありました。
今回のアップデートは、発売から2回目となるアップデートで大きな変更点は無いようですが、細かいバグ修正がメインの様子。

Y!mobileのサイトからアップデート内容を確認すると下記の通り。
以下は引用です。 

Screen Shot 2015 04 14 at 11 19 26 PM

新しい機能が付いたりはしませんでしたが、動作の安定性が向上したようです。
これは素直に嬉しい所です。 

  

 

尚、アップデート後も通信速度は相変わらずです。

 

 

LINK : Pocket WiFi 305ZTをご利用のお客さまへ~ ソフトウェア更新のお知らせ ~ - Y!mobile

Y!mobile 305ZTの「無制限神話」はもう終わりか。通信速度制限の報告多数。(更新:高速通信無制限は完全終了しました)

Y!mobile 305ZT

下り最大165Mbps(一部CAエリアのみ)の高速通信が使える上に、通信速度が実質無制限というY!mobile 305ZTですが通信速度無制限は、事実上終わりを見せ始めています。 月間通信量が7GBを超えると128kbpsという低速通信速度に切り替わるが、その解除にかかる費用(500MB/500円)が無料になるのが今回のキャンペーン。 なので、通信速度制限を受けないという事ではないけど通信量が規定を超えても無料で解除出来ますよということで、実質的な無制限としていました。

 

インターネット上には、通信速度が出なくなったという多数の報告が上がっています。

千葉県の某所にて

 

私のテスト結果では、まだ通信速度の制限は行われていないようにも思える好成績ですが、YouTubeの制限は始まっている事は感じています。(注意:2015/03/31までの話です。)

先日、出先でYouTube動画を再生しようとするものの、 144pの低画質でも再生は滑らかには行えませんでした。
以上の結果から、時間帯によってはYouTubeなどの特定のサービスを制限していることは明らかです。

 

とても使えるWi-Fiルーターと評価が高かっただけに、通信速度制限によるダメージは大きくこの機に解約をする人も増えそうです。 私は、今の所快適に使用できているので解約はしませんが、通信速度が安定して出なくなれば用は無いので、解約する可能性は高いです。

 

docomoやauと比較すると対応するエリアが狭い物の、WiMAXに比べるとエリアの広さは抜群で多く、さらにプラチナバンドLTEと呼ばれる900MHzのLTEにも対応しているので、今後のエリア拡大には期待出来そうではあるので、通信制限を見直して頂き、快適に使えるモバイルWi-Fiルーターを提供し続けてくれると個人的には嬉しいです。

 

 

2015/04/23更新

先日のエントリーでも更新したとおり、2015/04/01からは無制限ではなくなりました。
これから契約する人は、高速通信が無制限ではないという点、十分留意してください。
前日までの直近3日間で1GB以上使用すると、当日6時から翌6時までの間通信速度制限が行われます。
この直近3日間のデータ通信制限については解除することが出来ず、今後も方針を変える予定は無いとY!mobileの担当者より解答がありましたので、この点ご注意ください。 

Y!mobile Pocket WiFi 305ZTの不便なところ10点。

Y!mobile 305ZT

購入してから大活躍しているY!mobileのPocket WiFi 305ZT。
毎月の通信料金が安いのも魅力ですが、2年間7GB超過後の通信量無制限というのは最高です。

私がいままで購入したルーター製品の中で、回線品質・端末の完成度共に一番良い製品とサービスであることに間違いはなさそうです。 

ここまで両手を挙げて絶賛するのは、今の段階では通信速度制限を一切受けていないからであり、直近3日間の通信量制限などを厳密に適用し始めたらスグに解約する可能性もあります。つまりは、高速通信が最も重要ということです。その次にエリア、端末の完成度と優先順位が変わってきます。

 

さて、Twitterを見ていたら305ZTの問題点こそ知りたいという方がいらっしゃいました。
私も、大絶賛してしまいましたが、勿論問題点もあります。
それについて今まであまり書いてこなかった気がするので、今回は問題点特集とします。

 

 

メンテナンス時間中だから305ZTの規制解除できない不具合(1)深夜の為、通信速度制限解除の申込みが全く出来ない状態

1.月の通信量が7GBを超えた後は500MB毎に通信速度制限解除の申込みが必要

申込みをしないと、通常の128kbpsの低速通信に制限されてしまいます。
この申込みが結構な手間だと感じる方も多いです。実際面倒です。
500MB/1GB/2GBの解除を選べるようになれば良いと思うのですが、そうはいきませんかね。

もちろん、月間通信量が7GBを超えないのであれば、この申込みは必要ありません。

 

2.深夜帯などY!mobileメンテナンス時間帯は制限速度解除の申込みが不可能

先日、出先で通信速度制限を受けましたが深夜帯だったため朝6時まで制限速度解除の申込みが出来ませんでした。
やむを得ずdocomoパケットを流しました。
このような場合、制限速度を解除する事が不可能であるのでメンテナンス時間が長時間に渡る事があればその間は速度制限解除の申込みが一切出来ない事になります。

メンテナンス中は制限速度制限を行わなければ良いのですが、制限だけはしっかり行われます。

 

3.Y!mobile A回線接続中は警告が来る前にいきなり速度制限が実施

Twitterで教えていただきました項目になります。
A回線接続時は、低速化になる警告なしにいきなり通信速度が低下する状況らしいです。

@jinguji1さんありがとうございます

 

 

4.やっぱりdocomoに比べて電波が悪いエリアが多い

先日、車で街のはずれに向かっていた時の話です。
iPhoneでGoogle Mapsを使用していたのですが、docomo回線は電波があるのに
Y!mobileの305ZTに接続をしたXperiaは通信が出来ない状態になっていました。

また、docomoでも3Gになるような場所では満足に通信することが出来ませんでした。
一応エリアマップでは真っ赤なので4Gエリアなんですけど、実際とはやっぱり異なっています。

とはいってもWiMAX/WiMAX 2+を比較すれば圧倒的であり、WiMAXと比べるならストレスは全く無いと言えそうです。
エリア狭いですからね。電波も飛びにくいし仕方ないのですが、AXGP電波も似たような2.5GHz周波数でありながら良く飛んでいる気がします。

5.Y!mobile A 3G回線は良く詰まる?

Y!mobile A 3G回線に接続しているとき、スピードテストこそ満足に使えましたが肝心のネットが遅くて駄目でした。
調べ物をしようと、iPhoneのChromeを起動し、検索バーに語句を入れて検索をしたところ読み込み出来ず。
諦めてWi-Fiをオフにしてdocomo回線で使用するとスグに使えました。docomo回線はやっぱり強いです。

 

6.通信方式が選択出来ない

305ZTはご存じの通り複数の電波使います。
3Gネットワークに繋がると4G/LTEに戻りにくいという結果も報告されているようです。

4GとLTEでは通信速度が異なるため、場合によって切り替えたい事があるかも知れませんがそういうときに設定をする事が出来ません。
通信方式は自動となっており、ユーザーが選択をするすべが無いのは、一部のユーザーにとっては不便かもしれません。

 

7.バッテリーの持ちは悪くないけど、思ったほど良くない

2,700mAhの大容量バッテリーを搭載していますが、バッテリーの持ちは普通です。
折角の大きい個体なのですから、5,000mAhくらいの大容量バッテリーをオプションで用意するなどしてくれたら嬉しかったですね。

 

8.液晶画面付けっぱなしの設定が無い

最大120秒までバックライト点灯時間を設定できますが、それ以降は出来ません。
画面が常時点灯していれば、通信量や通信速度制限にかかりそうかどうか解るので折角の画面をもっと使いたいところです。

 

9.希によく分からない挙動をする事がある

通信速度制限を受けるタイミングなどで、よく分からない挙動をする事があります。
それはWi-Fi接続が解除され、再接続にパスワードが必要になることです。
設定しているパスワードでは接続出来ず、最終的にはWi-Fiに接続することも出来なくなります。
PC/スマートフォンから、305ZTのSSIDを削除して新しく設定し直すと治ります。
今まで2度ほど発生していますが、問題がなんなのか把握できてません。

これは私の使用している機器の問題である可能性もあり、他の方々にも同様に起こることなのかは解りません。

 

10.3Gに落ちると4G/LTEに戻らない

戻りにくいではなく、もどらないと思って良いと思います。
3Gに落ちると、電源を切って入れ直す以外に4G/LTEに通信を戻す方法は無いようです。
非常に使いにくい仕様です。

いろいろ問題点を挙げてみましたが、とりあえず思いついたのはこれくらいです。
305ZTには良い事が多く、あまりデメリットが無いのも事実です。
今回はデメリットだけを列挙しましたが、いずれ気に入っているポイントも書いてみるかもしれません。

 

また、バックアップとしてdocomo LTE回線(MVNOでは無い回線)は解約出来そうにもありません。
なんだかんだ、安定性、使える場所の広さが圧倒的です。
docomoのMVNO回線は安定して通信出来ないこともありますが、本家docomo回線は安定している傾向にあると思います。
普段は305ZTでも十分ですが、場所によってはdocomoでないと通信出来ないこともあるのでdocomoは解約出来ませんね。

 

 

 

 

1GB超えてもスピード出てる

これからも制限ないインターネットが使えたら文句はありません。
正直心配だった電波エリアも、概ね良好で今の所3G接続になったこともありません。

”今の所”かなり気に入っています。

 

 

 

 

2015/04/03更新

残念ながら、4月1日から、私の環境では直近3日1GBの制限が始まったみたいです。
これから契約をされる方はよく考えたほうがいいかもしれません。
今の所、いろんな制限が始まってますので契約は推奨しません。

Y!mobile Pocket WiFi 305ZTの外観、画面をチェック。

Y!mobile 305ZT

今まで、通信速度や通信量制限などに関する記事ばかりでしたが、305ZTはルータ自体が良く出来ている製品と言えそうなので
今回は、305ZTの本体や画面解像度について見ていきます。

 

Router

本体サイズは、過去のいろんな製品を見ても大きめです。
画面サイズは小さく、黒い縁が目立ちます。

バッテリー容量が大きいため、 本体サイズが大きいのは仕方の無い仕様です。
個人的には分厚くても良いから、5000mAh相当のバッテリーを搭載して欲しかったと思います。
中途半端に大きくするくらいならもっと大きくしても良かったんじゃないかな、と。

 

305ZT-top

本体上部には、電源スイッチと、ロックボタン。
ロックボタンを押すと画面操作ができるようになります。
電源スイッチはスライド式なので、使い勝手が良いと個人的にはかなりポイント高いと思ってます。

右の方に305ZTとありますが、SoftBank版は303ZTとなっています。

 

305ZT-display-resolution

画面解像度についてですが、結構な低解像度です。
10年前のガラケーでももっと解像度有ったように思うほどですが、ルーターの画面は最低限の情報確認と、最低限の操作ができればいいので低解像度で全く問題ありません。

 

301ZT-display-main
拡大しないで普通に見ると画面はこんな感じ。
解像度の他にも視野角が狭いのも問題ではありますが、ルーターなので別に気にしないところ。
画面の質はどうでもいいから稼働時間を稼ぐ事と価格を抑える事に専念してもらたらそれで良い感じです。

バッテリー残量は10%刻みでの表示となります。

 

305ZT-display

5GHzのWi-Fiに設定すると、警告が出てきます。
DFSモードになり、周囲の電波状態を確認しているようです。
5GHzの起動には1分くらいかかります。(docomo HW-01Fも同じくらい掛かります)

 

 

タッチパネルの反応が悪いのがいまいちな点ですが、それを除けば概ね良好。
バッテリーの持ちもまずまず。まだ長時間の連続使用はしていませんが、カタログスペックを見る限り連続通信時間は9時間となってます。
もし、5,000mAhのバッテリーを搭載していたら17時間くらいの連続通信時間が期待出来たと思うと、少し残念。
大容量バッテリーの登場があれば嬉しいですね。

 

 

LINK : Y!mobile Pocket WiFi 305ZT

関連エントリー

Y!mobileのPocket WiFi 305ZTが届いた。

Y!mobileのPocket Wi-Fi 305ZTを注文してみた。

Y!mobile Pocket WiFi 305Z、月間通信量が7GBを超えた場合の挙動

Y!mobile Pocket WiFi 305ZTで3日1GBの制限はかかるのか。あと、画像劣化について(2014/11)

Y!mobile Pocket WiFi 305ZTで3日1GBの制限はかかるのか。あと、画像劣化について(2014/11)

305ZT届いたので、早速セットアップした。

連日、Y!mobile Pocket WiFi 305ZTの記事を書いていますが「通信規制」について関心の高い方が多いと思います。 各社Wi-Fiルーターを発売しては居る物の、WiMAX以外で通信量・通信速度制限の無い選択肢は今の所皆無と言って良いでしょう。 (Uモバイルの容量・速度無制限は酷く使い物にならないという意見が多いので含みません)

 

さて、各所で言われている通り、今だけかも知れませんが305ZTには直近3日の制限が無いかもしれません。(もしくは制限値が1GB以上の可能性) Screen Shot 2014-11-25 at 12.10.16 AM

直近3日間のデータ量を調べてみました。 My Y!mobileにユーザー登録すれば確認出来ます。

直近3日間のデータ量は1GBを大きく超えて、12.10GBという結果になっています。 通常であれば3日1GBの制限と、7GBの月間通信量制限をダブルで受けてしまうことになります。

この状態で通信速度を測っても規制されていない模様。非常に快適です。

私の場合、色んなテストもあって今回は3日間で上記の通り12.10GBも使っていました。 普段はこんなに使わないのですが、それでも1日1GB〜1.5GBくらいが普通のようです。 家の外でPCとスマートフォンを使用する時は、いつもルーターに接続をしているので通信量はちょっと多めの傾向にあるみたいです。

 

 

image 以前この記事で紹介しているエリアフリーTVも、高速Wi-Fiが使える状態なら活躍するので最近よく使ってます。 ぷららモバイルLTE回線では速度的に厳しかったのと、WiMAXでは電波が良好な場所でないと厳しいものでしたが305ZT回線なら結構難なく見れるので重宝しています。 ただ高画質モードだとデータ量が多く、40分程度の視聴で 通信量は2GBくらいになります。 7GB制限があると3時間は見れない計算になりますね。

最近の携帯ならワンセグではなくフルセグに対応しているから、それを使えばデータ量は使わなく済みますがエリアフリーTVを使えばBS/CSも見れるのが、大きなメリットです。 携帯向けの移動型チューナーでBS/CSに対応している物って恐らく無いと思うので、大きな差があります。 画像の圧縮疑惑についてですが、おそらく圧縮している物と思われます。 SoftBankもauも行っていますが、データ量を減らして速く読み込ませるのとデータ量を少なくする目的があると見て良いでしょう。 Web上のバナー広告などだと劣化がよく分かるのですが、写真だとどうなるか試して見ました。

SLR_3127

305ZT回線でアップロードした画像 http://arakawa.me/data/p=1237/Sample%20Picture%20(PH3127-3000px-sub)%202.jpg 

自宅光回線でアップロードした画像 http://akrw.sakura.ne.jp/blog/data/p=1237/Sample%20Picture%20(PH3127-3000px).jpg

比較画像 http://arakawa.me/data/p=1237/SLR_3127.jpg

 

写真なら気にならない程度の差しか無い? と感じています。305ZTの繋がる回線にもよるのかもしれませんが、詳しい事は解ってません。 参考までに上記のリンクからオリジナル解像度のデータを確認出来ます。 (オリジナルは5MBいかに抑える為に横3000pxにリサイズ、Photoshopにてjpg 100%書き出しをしているデータです)

 

 

 

現状をまとめると、

・通信量制限無制限は本当らしい。 ・直近3日1GBの制限は無いのか、大幅に超えても制限なし。
・目立って使いすぎるとピンポイントで制限される恐れはあるかも。(推測)
・直近3日1GBの制限は無いという正式回答はないので、いつ始まってもおかしくない
・WiMAXに比べてエリア、通信速度共に比べものにならないほど快適(個人的に) ・画像データの圧縮は気になるほどではないけど行われているみたい。

ということになります。 無制限な回線が続けば最高ですね。今後とも、Y!mobileを応援する為に是非今のままで運用をしていただきたいですね。

 

 

 

2015/04/03更新

4月1日から、私の環境では直近3日1GBの制限が始まったみたいです。
これから契約をされる方はよく考えたほうがいいかもしれません。 
今の所、いろんな制限が始まってますので契約は推奨しません。