Parallels Desktop 9 for Macの便利な機能

PD9-1

先日、MacでWindowsを使う事が出来る「Parallels Desktop 9 for Mac」を購入しました。
購入した件に関するエントリーはこちらからご覧いただけます。

 

※この記事は、Parallels Desktop 9 for Macを購入してから数日後に完成した記事ですが、公開するのを忘れていたエントリーです。

 

 

3種類のモード

Screen Shot 2014-05-10 at 1.27.16 AM

Windowモード

ウィンドウの中でWindowsが動くモードです。MicrosoftのVirtual PCもこんな感じでしたよね。
ウィンドウの中で完結するので、扱いやすいです。

 

 

Screen Shot 2014-05-10 at 1.30.27 AM

Coherence (コヒーレンス)モード 

最大の特徴だと思いますが、Coherenceモードというものがあります。
Windowsのソフトウェアが、Mac専用のように使えるというものです。

上のスクリーンショットでは、MacのMarsEditと、WindowsのGoogle Chromeを同時起動して使っている様子です。
Google Chromeであれば、Mac用もあるのでわざわざWindowsからエミュレートする必要も無いと思いますが、Windowsにしかなブラウザ(Internet Explorerなど)を使いたい場合なんかは良さそうですね。

あとは、持っているソフトウェアがWindows専用しか無い場合(Windows用しか購入していない場合)にも便利に使えそうです。

 

 

 

Parallels Picture

フルスクリーンモード

全画面で使用出来ます。最小化したり、他のデスクトップに切り替えるとMacが使えるので、上手に切り替えて使うと便利そうです。

あくまでMacの上で動いているので、常にこの状態で使いたいならBoot Campを使った方が良さそうです。

 

 

 

 

Boot Campとの違い

Boot Campの場合、セットアップ時にWindows用の領域を作成する必要があり、内蔵HDD/SSDの容量をいくらか割り当てる必要があります。20GB割り当てた所で使い物になる容量ではないので、それなりの容量を与える必要があります。
Windows用に割り当てた領域は後で変更できないのと、割り当てた容量はWindows専用となり、Windows領域を削除しないとその領域をMacで使えないのです。

 

Parallels Desktop 9 for Macだと、Windows用に容量の割り当てが要りません。記憶媒体のパーティションを区切る必要がないので、扱いが楽です。そのため、Parallels Desktop 9のOSを含むデータサイズは、Windowsに入れたソフトやデータによって変化します。

さらに、Windows(OS部分)も外付けHDDにもインストールすることができます。
私は、自宅では使う事があるけど 外出先では使う事が無いと思うので、256GBしかない私のMacBook ProのSSD領域を圧迫したくない私には嬉しいものでした。

 

 

 

便利な機能

Screen Shot 2014-05-14 at 12.58.30 AM

設定からWindows 7のような外観でWindows 8を使うように設定できます。(体験版では利用不可能な機能)

 

Screen Shot 2014-05-14 at 12.58.14 AM

Windows 8にはないスタートボタンが出てきました。それもWindows 7の時にあったような物です。
使い勝手は抜群に良さそうです。

 

 

Screen Shot 2014-05-14 at 1.52.05 AM

 さらに、Coherenceモードを使えば、Mac上でWindowsのスタートボタンが使えるようになります。
これにより、Windowsのソフトウェアを直接呼び出せます。 

 

 

かなり便利な機能が盛り込まれています。
MacでWindows環境を使いたいならベストな選択だと思いました。 

 

Parallels Desktop 9 for Macの乗換・アップグレード版を購入した。

PD9-1

 
Parallels Desktop 9 for Macの乗換・アップグレード版を購入してみました。
先日の記事で、Parallels Desktop 9 for Macの体験版を利用した事を紹介していますが、その後気に入ったので購入に至りました。 

 

PD9-2

購入したのは、乗換専用パッケージです。
乗換対象となるのはVMware Fusionだけではなく、MacのBoot Campユーザーでも大丈夫です。

 

PD9-3

パッケージには、CD-ROMもはいっています。
一番重要なのはプロダクトアクティベーションキーです。

プログラムは体験版をインストールしてあれば、アクティベーションキーを入力することで製品版となります。
そのため、CD-ROMは使わなくても問題ありません。

体験版から製品版にそのまま引き継げるのもいいですね。

 

とりあえず購入報告ということで。

ThinkPad USB Keyboard with TrackPointをMacBook Proで使う時の設定と使い方。

 

Macbook Pro ThinkPad USB Keyboard

 
MacとWindowsでは基本キーこそ同じ物の、細かなキーは共通化されていません。
例えば、CommandキーはWindowsにありません。また、WindowsキーはMacに搭載されていません。
この他にも色々と異なるキーが搭載されているため、Windows用のキーボードをMacで使うのは色々と面倒です。
 
しかし、ThinkPad USB Keyboardがお気に入りで手放したくない私としては、是非MacBook ProでThinkPad USB Keyboard with TrackPointを使いたいので、色々と調べたり自分で試したりしたので、その備忘録としてブログに書いておきたいと思います。
 
 
ThinkPad USB Keyboard with TrackPointをMacBook Proに接続した所、あっさり使えるようになりました。
特別なドライバやソフトウェアのインストールをすることなく、使えます。しかし、完璧ではありません。
 

LINK : Mac で ThinikPad USB トラックポイントキーボードを使う – Qiita

今回の記事では、上記のサイトを一部参考にさせていただきました。

 

Screen Shot 2014-05-13 at 3.45.31 AM

まずは、キーボードの設定を開きます。
キーボードの選択項目を、 ThinkPad USB Keyboard with TrackPointにしておきます。
その下にある項目はこのままにしておきます。(好みで変更してOKです)

 

Screen Shot 2014-05-13 at 3.46.25 AM

つづいて「KeyRemap4MacBook」をインストールしましょう。

 

Screen Shot 2014-05-13 at 3.49.51 AM

KeyRemap4MacBookを起動したら、検索バーにmiddleと入力し、右にあるshow enabled onlyにチェックを入れます。
すると、1つだけ項目が表示されると思います。MiddleClick + CursorMove to SchrollWheelであればチェックしてください。

これで、ThinkPad USB Keyboard with TrackPoint(以下ThinkPadキーボード)の右クリック・左クリックボタンの中間にあるボタンと、トラックポイントを上下左右させる操作で、スクロールが出来るようになりました。

 

 

ここからは応用編?です。
よりMacのキーボードに近い操作をするために必要な使い方の説明です。
私も試行錯誤しながら探してたので、他に良いキーがあるかもしれません。

 

 

 

Screen Shot 2014-05-13 at 4.13.39 AM

この状態にするには、Macではトラックパッドに指を4本置き、上にスワイプしたり、F3があるキーを押せば出来ますが、Windows用キーボードでは、Ctrlと↑キーでできます。

 

 

Screen Shot 2014-05-13 at 4.17.55 AM

トラックパッドに指を4本置き、左右にスワイプすることで切り替える事が出来たデスクトップですが、トラックポイントは4本もないので、Ctrlと←もしくは→キーを押すことで切替が出来ます。

 

 

他にも

 

アプリケーションの終了は、Windows + Q。
データの削除はWindowsキー + BackSpace。
ゴミ箱を空にする操作はShift + Windows+BackSpace。

コピーはWindows + C
ペーストはWindows + V
 

液晶照度の調節は、ScrLk/NmLk + Pause/Break。
表示されているウィンドウを端に避けるにはF11
ダッシュボードを表示させるにはF12

音量操作は標準のボリュームキーで操作できます。ミュートも同様です。
マイクミュートとThinkVantageキーは動きません。

 

個人的に困るのは、ローンチパッド(Launchpad)の展開方法が解りません。 
対策としては、Launchpad.appをDockの中に入れておくなどするか、ショートカットキーで呼び出せるようにするしかないかもしれません。面倒な感じがします。

 

基本的に、

Control → Ctrl 
Option → Alt
Command → Windows

 

に切り替わったことだけでも解れば大分使えます。 

 

ThinkPadキーボードは使い勝手が良いので大好きです。
私が使っていたThinkPad X201sのキーボードと同じ物ではありませんが、使い勝手に問題は無いと感じています。

Macのキーボードも良いのですが、ノートパソコン使うと画面がどうしても手前に来てしまうんですよね。
そのせいで視力が低下したので、適当な距離を空けるようにする為に自宅ではThinkPadキーボードを接続するようにしてみました。
これにより、MacBookと私の間に、ちょうど良い距離が生まれたので、目にも良さそうな気がします。
あと、ブログ書くときみたいな長文を入力する時にもThinkPadキーボードは疲れにくくていいです。
それから、入力していて楽しさが違う感じがします。どんどん入力できちゃいそうな気がしてきます。

 

そんなわけで、ThinkPadキーボードをMacで使う時の設定と、各種キーの説明でした。

快適に使えるようになるには慣れが必要ですが、私は初めて設定してから2時間くらいで結構慣れた気がします。
でも、ちょっと不便な面もあるので、途中から戻しちゃうかもです。

 

 

Parallels Desktop 9 for Macの体験版を試してみた。

Screen Shot 2014-05-10 at 1.13.54 AM Mac OS Xでは、よく知りませんが途中からBoot CampというOS X標準の機能を使うことでWindowsを使う事が出来ます。
しかし、BootcampではWindowsを別途ブートする必要があるため、MacとWindowsを使い分けるには問題ありませんが、同時に両方のOSを使うには不便な面もあります。

Parallels Desktop 9 for Macというソフトを使うことで、Mac上でWindowsを使えます。同時に、です。

体験版のダウンロード
http://www.parallels.com/jp/products/desktop/

上記から、Parallels Desktop 9の体験版を入手できます。

 

 

Screen Shot 2014-05-10 at 12.05.06 AM ダブルクリックでインストールをします。

 

 

Screen Shot 2014-05-10 at 12.09.56 AM

インストールは数分で完了します。

 

 

Screen Shot 2014-05-10 at 12.07.56 AM既にBoot Campを設定している場合は、「Use Windows from Boot Camp」で引き継げます。 DVDやイメージファイルから新しくセットアップする事も出来ます。 Windows以外にもChrome OS、Linux Ubuntu、Androidなどを入れる事も出来るみたいです。

 

 

Screen Shot 2014-05-10 at 1.27.16 AM

 

セットアップが完了するとWindowsが起動します。

 

 

Screen Shot 2014-05-10 at 1.28.13 AM

Mac OS X(10.9.2)とWindows 8が同時に動いています。

 

 

Screen Shot 2014-05-10 at 1.29.02 AMCoherenceモードにすることで、Macのネイティブアプリのように動作します。

 

 

Screen Shot 2014-05-10 at 1.30.27 AM

Windows向けGoogle Chromeを起動しました。Macのソフトウェアと同時に使えています。コピー&ペーストも普通に使えます。

 

 

Screen Shot 2014-05-10 at 1.46.02 AM

最小化したWindowsソフトウェアはDockに収納されます。 Macソフトウェアと同じように使えます。
プログラムアイコンに赤い縦二重線はParallels Desktopの関連である事を意味します。
Windows用Mac用のプログラムが判別できなくなることが無いので助かります。
Coherenceモードを解除し、最大化することでWindows PCのように動作させることもできます。

 

 

 

(このYouTubeビデオは4K設定で再生出来ます)

このように動作させることも出来ます。 ちょっと動作が重く見えますがキャプチャしているためです。キャプチャしていない状態だと割と快適に使えました。

 

 

Screen Shot 2014-05-10 at 1.32.48 AM

WindowsのスクリーンショットはParallels DesktopのViewから行えます。
作成したスクリーンショットはMacのデスクトップ上に保存されます。
他にも、MacのFinderなどからデータを開くとき、Windowsのプログラムで開くことも出来るようになったり、Macのショートカットキーがそのまま使えます(Command + Qでプログラム終了も)
もちろん、Mac対応のソフトウェアがあるのなら、そちらを使った方がパフォーマンスは良いでしょう。
しかし、Windowsにしか無いソフトを使う場合はParallels Desktop 9があるとかなり便利に使えると思います。  

 

 

買うなら乗換版がお得

Screen Shot 2014-05-10 at 2.38.53 AM 通常版とアップグレード版があり、通常版は7,400円。一方で乗換版は4,600円と2,800円もお得です。※1
アップグレード版は旧バージョンをお持ちの方に限ると書いてありますが、乗換版については下記の記述がありました。


Parallels Desktop 9 for Mac 乗換・アップグレード優待版 対象製品 1. VMware社製 Fusion(全てのバージョンが対象)、2. Parallels Desktop for Mac(バージョン6以下)、3. その他同等機能のデスクトップ仮想化ソフトウェア 【注記】 ※1. – 3. とも日本語版以外をお持ちの場合も含みます。 ※3. は Boot Camp でお使いの場合も含みます。

 

ということで、Boot Campを使っているユーザーであれば問題無く乗り換え対象ということになります。

ただしパッケージにはVMware Fusionをお持ちの方がご購入いただけます。と表記されているのでちょっと不安でもあります。

 

 

※1=いずれもAppleStore(JP)の価格で記事作成時の物です。

 

 

 

  

 

 

Mac OS Xで複数の国の言語を入力できるようにする方法

MacではiOSのように複数の言語入力が簡単にできます。
今回はその設定方法の紹介です。
私は現在、Mac OS X 10.9.2(Mavericks)を使用していますが、他のバージョンでもほぼ同じ操作だとおもいます。

 

 

Screen Shot 2014-03-21 at 2.25.09 PM

まずは、System Preferences(システム環境設定)をクリックします。

 

Screen Shot 2014-03-21 at 2.42.40 PM copy

次にKeyboard(キーボード)をクリックします。

 

 

Screen Shot 2014-03-21 at 2.42.45 PM copy

タブをInput Sources(入力ソース)タブに切り替えて、青く囲った「+」をクリックします。

 

Screen Shot 2014-03-21 at 2.42.56 PM

好きな言語を選択し、Add(追加)をクリックします。

 

Screen Shot 2014-03-21 at 2.43.06 PM copy

私はShortcuts(ショートカット)タブの、Input Sources(入力ソース)項目の「Select the previous input source」(前の入力ソースを選択)にチェックを入れているので、コマンドキーとスペースで言語切替出来るようにしています。

 

Screen Shot 2014-03-21 at 2.44.08 PMScreen Shot 2014-03-21 at 2.43.56 PM

先ほど指定した中国語(Pinyin入力)が出来るようになりました。
追加のソフトウェアのインストール無しでこのように複数の言語を追加できるのは時に便利ですね。

 

Mac OS XのDockに設置してあるダウンロードフォルダーを消しちゃった時の戻し方

Screen Shot 2014-03-19 at 10.18.29 PM

Mac OS XのDockにはダウンロードフォルダーが入っていますが、間違えて消してしまった場合の戻し方を解説します。 私も一度消してしまい焦りましたが、簡単に戻す事が出来たので紹介します。

 

Screen Shot 2014-03-19 at 10.19.26 PM copy

Finderを立ち上げ、ダウンロードの項目をゴミ箱の隣にドラッグしましょう。 そうすることで、ダウンロードフォルダーがDockに復活します。

 

 

Screen Shot 2014-03-19 at 10.19.34 PM

表示方法には複数あり、設定することが出来ます。 メニューの表示は、二本指クリックか、右クリックです。

 

 

Screen Shot 2014-03-19 at 11.29.08 PM

 

ファン表示

 

 

Screen Shot 2014-03-19 at 11.29.20 PM

グリッド表示

 

 

Screen Shot 2014-03-19 at 11.29.30 PM

 

リスト表示

 

 

使い勝手の良い表示に切り替えることで、より便利に使うことが出来ます。

なお、ダウロードフォルダー以外の項目を入れることもできます。任意のフォルダーを登録することで、よく使うフォルダーへのアクセスが速くなりそうですね。

Mac専用のフリーのアンインストーラー「AppCleaner」が便利。

Screen Shot 2014-03-20 at 8.26.01 AM

Mac OS Xで使える便利なアンインストールをする為のフリーソフト「AppCleaner」を紹介します。
これを使ってプログラムのアンインストールをすれば簡単で、同時にゴミファイルも取り除いてくれる見たいです。

Macユーザーの中では定番ソフトのようですが、Mac初心者の私には聞いたこともないものなので紹介します。
 

 

Screen Shot 2014-03-20 at 8.26.08 AM

アプリケーションはこんな感じでシンプル。

 

Screen Shot 2014-03-20 at 8.26.59 AM

 Finderなどからアプリケーションをドラッグするとプログラム本体と関連するファイルが表示されます。
これでアプリケーション下のDeleteボタンを押すことでアンインストールが出来ます。

 

Screen Shot 2014-03-20 at 8.27.21 AM

 

他にも、このようにアプリケーション一覧画面が出せるので、Finderに表示されないソフトウェアもここから削除できます。
ウィジェットやその他のプログラムにも対応しますので、これは重宝します。

 

LINK : AppCleaner – freemacsoft