XPS Readerを使ってMacでXPSファイルを開く&PDF変換する。(有料アプリ)

Screen Shot 2016 01 04 at 11 01 07 PM

突然、「*.xps」ファイルの形式を扱わないといけないことになりました。

XPSファイルとは、Microsoftが作ったPDFのようなもので、Windows Vistaから簡単にデータを作成することができるようになりました。専用ソフトを必要とせず、Windows Vista以降なら閲覧が簡単です。

しかしながら、Macでは開くことが出来ません。正しくは、OSが標準でサポートしていないだけなのですが、MicrosoftはMac用のXPSビューアーをリリースしていません。
そこで、必要になるのが第三者が作ったXPSビューアーです。

 

Screen Shot 2016 01 04 at 11 01 36 PM

AppStoreから、「XPS-Reader」を開くと無料のアプリが出てきます。(2016/01/04現在)
これを入れると、全体の半分の枚数のページまでが閲覧できます。
有料アドオンの「Full Version」(2016/01/04時点で360円)を入れると、全機能制限解除となります。

Screen Shot 2016 01 04 at 11 25 26 PM

アプリを起動して、「Purchase Now」から支払い。
通常は3,000円だそうです。キャンペーンはいつまでなのかは不明。

 

Screen Shot 2016 01 04 at 11 25 40 PM

確認して支払います。

 

 

Screen Shot 2016 01 04 at 11 28 14 PM

XPS-ReaderではPDF、TXT、そして各種画像フォーマットへの書き出しができます。
逆にXPSファイルを作成することはできません。

 

作成したPDFファイルは、正常に変換されており日本語もちゃんと文字化けすることなく表示されました。
変換されたPDFファイルはコピー&ペースト、検索機能なども正常に利用可能でした。

 

XPSファイルを扱う頻度が高い人にはお勧めできるアプリだと思います。私は、そう頻繁に扱う予定はありませんが一先ず3,400ページほどのドキュメントを処理しなければならなくなったために急遽導入しました。

 

これでXPSファイルが扱いやすくなりそうです。
MacでXPSファイルの利用に困っている方、参考にしてみてください。 

MacBook Pro Late 2013をEl CapitanからMavericksにダウングレードした。

Screen Shot 2015 12 10 at 12 05 45 PM

現在使用中の、Apple MacBook Pro (Late 2013)には最新版のOS X El Capitan (10.11.2)を入れて使ってました。
iPhoneも使っているのでブラウザはSafariを使用していますが、動きが遅くなりOSを入れ直しても動きの悪さはあまり変わらなかったので、購入した時のバージョンであるOS X Mavericks に戻してみることにしました。

 

 

OSダウングレードの方法

Macについてはよく知らなかったので、IT Strikeさんの「OS X YosemiteからダウングレードしてMavericksに戻す方法」を参考にしました。

 

  

 

懐かしいMavericksのUI

Screen Shot 2015 12 10 at 11 54 13 AM

久しぶりのUIで購入した時の事を思い出すような感じです。
OSのクリーンインストールをしたので、動作は購入した時のようにサクサク動く印象です。
当面このまま使っていこうと思います。 

Mac OS Xで複数の国の言語を入力できるようにする方法

MacではiOSのように複数の言語入力が簡単にできます。
今回はその設定方法の紹介です。
私は現在、Mac OS X 10.9.2(Mavericks)を使用していますが、他のバージョンでもほぼ同じ操作だとおもいます。

 

 

Screen Shot 2014-03-21 at 2.25.09 PM

まずは、System Preferences(システム環境設定)をクリックします。

 

Screen Shot 2014-03-21 at 2.42.40 PM copy

次にKeyboard(キーボード)をクリックします。

 

 

Screen Shot 2014-03-21 at 2.42.45 PM copy

タブをInput Sources(入力ソース)タブに切り替えて、青く囲った「+」をクリックします。

 

Screen Shot 2014-03-21 at 2.42.56 PM

好きな言語を選択し、Add(追加)をクリックします。

 

Screen Shot 2014-03-21 at 2.43.06 PM copy

私はShortcuts(ショートカット)タブの、Input Sources(入力ソース)項目の「Select the previous input source」(前の入力ソースを選択)にチェックを入れているので、コマンドキーとスペースで言語切替出来るようにしています。

 

Screen Shot 2014-03-21 at 2.44.08 PMScreen Shot 2014-03-21 at 2.43.56 PM

先ほど指定した中国語(Pinyin入力)が出来るようになりました。
追加のソフトウェアのインストール無しでこのように複数の言語を追加できるのは時に便利ですね。

 

Mac OS XのDockに設置してあるダウンロードフォルダーを消しちゃった時の戻し方

Screen Shot 2014-03-19 at 10.18.29 PM

Mac OS XのDockにはダウンロードフォルダーが入っていますが、間違えて消してしまった場合の戻し方を解説します。 私も一度消してしまい焦りましたが、簡単に戻す事が出来たので紹介します。

 

Screen Shot 2014-03-19 at 10.19.26 PM copy

Finderを立ち上げ、ダウンロードの項目をゴミ箱の隣にドラッグしましょう。 そうすることで、ダウンロードフォルダーがDockに復活します。

 

 

Screen Shot 2014-03-19 at 10.19.34 PM

表示方法には複数あり、設定することが出来ます。 メニューの表示は、二本指クリックか、右クリックです。

 

 

Screen Shot 2014-03-19 at 11.29.08 PM

 

ファン表示

 

 

Screen Shot 2014-03-19 at 11.29.20 PM

グリッド表示

 

 

Screen Shot 2014-03-19 at 11.29.30 PM

 

リスト表示

 

 

使い勝手の良い表示に切り替えることで、より便利に使うことが出来ます。

なお、ダウロードフォルダー以外の項目を入れることもできます。任意のフォルダーを登録することで、よく使うフォルダーへのアクセスが速くなりそうですね。

Mac OS XでのOS言語切替方法

Max OS XにてOSの基本言語を変更する方法です。

私は現在、Mac OS X 10.9.2(Mavericks)を使用していますが、他のバージョンでもほぼ同じ操作で設定可能だと思います。

Screen Shot 2014-03-21 at 2.25.09 PM

まずはSystem Preferences(システム環境設定)から

Screen Shot 2014-03-21 at 2.25.21 PM copy

Language & Region(言語と地域)を選択します。

Screen Shot 2014-03-21 at 2.25.37 PM copy

赤く囲った「+」をクリックすると、利用できる言語の一覧が表示されます。
青く囲った部分はドラッグで順番を変えることで一番上の言語がシステム言語として使用されます。
ここには複数言語の登録が出来ます。切替には再起動が必要です。

Screen Shot 2014-03-21 at 2.26.00 PM

利用できる言語の一覧が表示されます。OS言語として使用したい言語を選択し、Add(追加)します。

Screen Shot 2014-03-21 at 2.26.35 PM copy

スペイン語を選択してみました。すると、Use Spanish(スペイン語を使用する)というボタンが出現するのでクリックします。

Screen Shot 2014-03-21 at 2.26.45 PM copy

再起動が必要ということなので、Restart now(今すぐ再起動)をクリック。

13316410864_3b8f6f46e6_o

再起動後、システム言語がスペイン語になっていました。
戻すときや、別の言語に切り替える場合は今の手順を繰り返せばOKです。

Mac OS XでのPRAMのリセット方法

Screen_Shot_2014-04-05_at_5_00_39_PM

※この記事は「トラックパッドのスワイプでページが戻せなくなった時の対処法。」というタイトルで公開していましたが、結果的に解決出来なかったので、ご紹介したPRAMのリセット方法の紹介と差し替えさせていただきます。

 

OS X Mavericks 10.9.2搭載のMacBook Pro 13 (Retina)を使い始めて数ヶ月が経過しました。
購入当所は問題無かったのですが、2ヶ月ほど前から一つの問題がありました。

 

Screen Shot 2014-04-05 at 5.12.58 PM

トラックパッドに指を2本置き、 右にスワイプすると「戻る」 左にスワイプすると「進む」の操作を対応するブラウザ上で行えるという機能が正常に作動しないという問題でした。
特にSafariを使っている私は、そうなる度に再起動していました。OS X Mavericks 10.9.2のバグだろうからすぐにアップデートが来るんじゃないかと思っていたのですが、一向に治る気配が無いので調べてみました。

その中で一つの記事を見つけましたので、紹介します。

LINK : Safariでスクロール・スワイプが効かない / MacのPRAMをクリア – gadgetlunatic

 

このブログによると、PRAMをリセットする事で解決できたという表記がありました。
PRAMとは、Parameter Random-Access Memoryの略で、細かい設定データが保存されている領域の事らしいです。

その方法はMacをシャットダウンし、電源を入れてすぐにCommandとOption、さらにPとRキーを同時に押すそうです。
再起動を繰り返し、起動音が2回鳴ったら手を離すことでMacが起動し、PRAMのリセットは完了するとのことです。

ということで早速やってみました。

 

再起動後、問題の症状は治っていましたが、いつも再起動すればとりあえず治っていたのでこれで解決したかは不明です。
また調子が悪いときはPRAMをリセットしてみます。 

結果的にすぐにまた症状が出てしまいました。効果は無かったのかもしれません。

 

下記のリンクにSMCのリセット方法が記述されたページも貼ってあるので、必要に合わせて参照してみてください。

 

 

LINK : Safariでスクロール・スワイプが効かない / MacのPRAMをクリア – gadgetlunatic

LINK : Mac OS X 10.6: PRAM をリセットする – AppleSupport

LINK : NVRAM と PRAM について – AppleSupport

LINK : Intel-based Macs:SMC (システム管理コントローラ) のリセット – AppleSupport

Macで音量を操作した時に鳴る効果音を消す方法

image
Macでは音量操作した時に、「ポコポコ」と音が鳴ります。
音量操作した事が解りやすく、非常に良い機能と言えるかもしれませんが、外出先(特にカフェなど)で利用する時に、この通知音がうるさく感じてしまいます。
そのため、この音量操作通知音?をオフにする方法を紹介します。

 

Screen Shot 2014-03-14 at 5.10.53 PM copy

システム環境設定から、サウンドを開きます。

 

Screen Shot 2014-03-14 at 5.17.16 PM

Spotlight検索でサウンドと入力しても出てきます。こっちの方がはやいかも。

 

 

Screen Shot 2014-03-14 at 5.10.37 PM copy

サウンド設定画面が出てきたら、サウンドエフェクトというタブに切り替えます。(開いたときは入力タブになってました)

そしたら、音量を変えたときにフィードバックを鳴らす(Play feedback when volumes is changed)のチェックを解除します。
(システム言語を英語で使っているので、日本語の項目名が正しく解りませんが、大体そんな事が書いてあると思います。)

 

これで終わりです。
戻すときはチェックを入れれば再び音量操作音が鳴るようになります。