100円ショップのダイソーで買える、充電用Lightning端子変換アダプターを試す。

SLR_5232

100円ショップで知られる「ダイソー」からiPhone 5対応の充電専用MicroUSB変換アダプタが発売されていましたので購入してきました。

ご存じ、iPhone 5以降で新しく採用されたLightningコネクタはくせ者で、認証を受けていない製品や粗悪品では正しく使用出来ません。
ダイソーから発売されたこの製品は、Appleからの認証を得ること無く、充電専用に特化することで安く提供出来るようになったみたいです。
Lightningコネクタの特徴であるリバーシブル機能も、このダイソーの製品にはありません。
それでも正規品と比べたらかなりの安さなので、これで十分という人も多いことでしょう。 

 

SLR_5237

製品には差し込む面が決まっている為に、「UPSIDE」(上面)と記載があります。
この面を上にしてiPhoneやiPadに差し込みます。
この製品は、MicroUSBコネクタをLightningに変換しますが、iPhone 4Sまでで採用されていたDockコネクタをLightningに変換するタイプもあります。

ストラップ穴もありますので、紛失防止にも一役買っています。

 

SLR_5246

iPhone 5sに接続してみた様子。
iPhone 5sの他、iPod touch(第5世代)、iPad mini(初代)で試してみたところ何の問題も無く充電が出来ました。

 

SLR_5245

ダイソーのLightning互換端子の大きい写真はこちら。

 

_SLR9051
以前紹介した、正規のLightning端子と非正規品の比較画像です。
ダイソーの製品は見た目は似ていないので、どの製品よりもLightningっぽさはありません。

見た目はイマイチですが、実用性重視ならコストパフォーマンスに優れるダイソーの充電用Lightningアダプタは安くて良いでしょう。

 

充電しか出来ないので、同期は要らないひとにもいいでしょう。
何個か買っておこうと思います。 

WiMAX 2+スピードテストをiPhone 5sとXperia Z1で比べてみた。

WiMAX 2+利用可能

(写真は先日新橋にて撮影したもの)

WiMAX 2+のエリアが日に日に広上がっていき、遂に自宅に近いエリアでも使えるようになりました。
まだWiMAXのエリアマップではWiMAXエリアとなっていますが、「速報!エリア拡充情報!」を確認したところ地図更新前のエリアが確認出来ます。(住所データになります)

 

今回は、某所で通信速度テストをしてみました。
条件は下記の通りです。

 

WiMAX 2+対応ルーター:NECアクセステクニカ NAD11
WiMAX 2+の電波状況:アンテナピクト4/4(最高)
計測ソフト:Speedtest.net(iPhone 5s)とdocomoのスピードテストアプリ(Xperia Z1) 
ルーターとの接続:Wi-Fi (11ac / 5GHz)
計測時刻:深夜3時頃

 

Screen Shot 2014-08-06 at 3.12.32 AM

全5回の計測データが上の画像の物です。
今回のテストで記録した最高の速度は71.24Mbpsで、最低速度は45.50Mbpsといずれにしても高速でした。
11ac対応のXperia Z1の方が一回り高速かと思いきや、iPhone 5sと大差有りませんでした。
iPhone 5sは5GHzには対応しているものの、11nまでしか使えません。
それなのに、結果としてiPhone 5sの方が少しだけ高速でした。

 

 

Virgin Mobile US、iPhone 5s/iPhone 5cを30%OFFで販売。契約縛り無し。ただしSIMロック解除不可。

Screen Shot 2014-03-21 at 12.47.58 PM

アメリカでSprintのMVNOとしてモバイルサービスを行っているVirgin Mobileが、iPhone 5s/5cの30%オフセールを始めました。 これは先々月に行ったiPhone 5s/5cの20%割引よりも安い価格での販売となります。

 

Screen Shot 2014-03-21 at 12.49.45 PMScreen Shot 2014-03-21 at 12.48.41 PM

 

対象となるのは、iPhone 5s、5cの全容量・全色で、価格は一番安い5cの16GBで$314.99〜となっています。 Appleの定価では、$549となるので、結構お安くなっている事が解ります。

前回と同様ですが、Virgin MobileではSIMロック解除に応じないので、このiPhoneを購入してVirgin以外で使う事は出来ません。

ネットワークはSprintの回線を使用し、LTEも使う事が出来ます。 月額の価格は契約年数縛り無しで、月$30から使用でき、300分の米国国内通話、無制限のSMSとデータ(2.5GB以上は通信速度制限)が使えます。

 

 

追記(2014/03/23)

http://chronicunlocks.comにてVirgin MobileのiPhoneのSIMロック解除を$130で行っているようです。
ちなみにSoftBankのiPhoneもここでロック解除が出来ると言うことですが、本当に出来るのかは定かではありません。

 

LINK :  Contract-free iPhones get heavy discounts on Virgin – Today’s iPhone LINK :  Virgin Mobile US

 

2014/03/21

iPhone 5sがヘコんだ。

_SLR7305(先日訪れたグアムでの1枚)

 

私が現在使っているスマートフォンは、Apple iPhone 5sです。
購入した時はT-Mobileのお店に在庫が無かったので注文して到着したのが10月22日でした。つまり、4ヶ月ちょっとの間使用してきました。
一時期は複数台のスマートフォンを同時に使用していた私ですが、最近はこのiPhone 5sに落ち着いています。
iPhone 4Sも同時に使用していますが、必ず持ち歩く端末には含まれていません。 主に海外滞在中に、日本のSIMを入れて受話できるようにしている具合です。

 

そして先ほど、私のiPhone 5sがへこんでいたのに気づきました。

  

_SLR7791 
Lightningコネクタの右側のビスの上に複雑なヘコみがあるのがわかります。

 

 

_SLR7791-zm

拡大するとよくわかりますが、ヒビが入っているようにも見えます。

 

 

私はケースに入れて扱っていましたが、このようなヘコみが付いてしまいました。
恐らく「落とした際に、ここ(凹み箇所)が接触した」 「バッグに入れているときに、バッグの中の物に接触した」の2つが主に考えられました。
私は、ポケットに入れる事が多いのですが、色んな物が入ったバッグに放り込む事はありません。よって、落とした時の事が考えられます。
ですが、普段落とさないので、本当にこのヘコみがいつ付いたのかが解らないのです。(念のため言っておきますがAppleの製品が欠陥だと言っているのではありません) 

ケースを付けてしまえば見えない場所であることと、普通に使うのに全く支障の無い程度のヘコみですが、結構なショックでした。
でも、4ヶ月間キズ一つ付けずに大切に扱ってきただけに悲しい気もします。だけどこれを機にキズを気にせずに使えるようになった気もしました。

 

 

私のように「キズ」や「ヘコみ」を気にするような人は、上にリンクを張ったようなケースを使う事である程度は防げるでしょう。
ですが、iPhoneの使い勝手が悪くなってしまうという声もあります。私もそれには同意です。
iPhone 4Sを使用しているときに、上の製品のシリーズを使って居たことがありました。
本体は守られる為に落としても問題が無いのは良いのですが、分厚くて重い、更に画面の操作もしにくい点がイヤになって使わなくなりました。
 

 

さて、iPhone 5sがヘコみやすいのか、iPhone 5からそうなのか、全く解りません。
少なくとも私のiPhone 4や4Sではこのようなヘコみが付いたことが無いので、ヘコみやすいのかなと思ったのですが、どうなんでしょう。

Virgin Mobile US、iPhone 5s/iPhone 5cを20%OFFで販売。契約縛り無し。ただしSIMロック解除不可。

Screen Shot 2014-01-29 at 12.21.33 PM

アメリカでSprintのMVNOで通信サービスを行っているVirgin Mobile USが、iPhone 5s/5cの値下げを行いました。
いずれも16GBのみですが、 iPhone 5sが$439.99、iPhone 5cが$359.99となっており契約縛りなしで買える新品のiPhoneとしては一番安いのでは無いでしょうか。

 

Screen Shot 2014-01-29 at 12.29.16 PM

16GB以外の32GBと64GBの機種については、

iPhone 5s が 32GB $519.99 64GB $599.99。
iPhone 5c が 32GB $359.99 64GB $439.99となっています。

残念ながらVirgin MobileではSIMロック解除に応じないので、このiPhoneを購入してVirgin以外で使う事は出来ません。

ネットワークはSprintの回線を使用し、LTEも使う事が出来ます。
月額の価格は契約年数縛り無しで、月$30から使用でき、300分の米国国内通話、無制限のSMSとデータ(2.5GB以上は通信速度制限)が使えます。

 

LINK : 9 to 5 Mac – Virgin Mobile cuts unsubsidized iPhone 5s to $440 or iPhone 5c for $360 shipped (Update)
LINK : Virgin Mobile US – iPhone 5s

【要脱獄】iPhone 5s/5cでT-Mobile USのキャリアプロファイルをハックする方法

T-Mobile USでiPhoneを使用するにあたり、キャリアプロファイルをハックする事で色々メリットがあります。
今回はそのメリットと、何が良いのか、それと設定方法をご紹介します。

尚、本記事はJailbreak(脱獄)行為を行わないと設定出来ない物になります。
Jailbreakにはリスクが伴いますので、それを理解の上自己責任でお願いします。
また、途中で紹介するサイトやデータの安全性についても当方では一切の責任を持たない物とします。

 

 

T-Mobile USのキャリアプロファイルハックのメリット

 

・テザリングAPNを通常のAPNに置き換えるのでテザリングが契約しているデータ量まで使えます。
・電波受信改善
・QoSを最適化
・LTE接続/LTE再接続の高速化
・携帯ネットワーク接続の優先順位を変更
・iPhone 4Sにおいて3G/4Gのトグルを出現

 

というようなメリットがあります。
これから紹介するT-Mobile US用のプロファイルは@joe012594 氏が作成したものです。

 

以下の方法は既に次のことを終えている事が前提となります。

・脱獄が完了している
・iPhone 5s/5cを使っている。
・リスクがある事を覚悟の上、自己責任で行える人 

 

 

 

T2

まずはCydiaを起動してManageタブへ行きます。その後はSourcesを選びます。 
Sourceから、右上のEditをタップ、切り替わった画面でAddをタップします。

 

T3-2

そして、http://apt.chinasnow.net/を追加します。追加後、Sourceの一覧にChinaSnow.netが現れているはずなのでそれをタップ。
その中の一覧にCommCenter patch for i….と言う物があるはずなのでインストールしましょう。(上の画像ではModifyとなっていますが既にインストール済みのためです)

 

 

Screen Shot 2014-01-16 at 4.40.30 AM

その後、http://www.itweakios.com/apps/blog/show/40716202-carrier-update-hack-for-ios-7-0-x よりDownload欄にある「T-Mobile USA 5/5C/5S」という項目を見つけてください。(iPhone 5s/5c専用です)
その隣にあるURLをクリックすると、ダウンロード先に移動するのでダウンロードしましょう。(Webサイトとデータの安全性については当ブログでは保証しません。) 

 

 

データをダウンロードしたら、iTunesに操作を加えます。

Screen Shot 2014-01-16 at 5.19.24 AM

Windowsユーザーはコマンドプロンプトを開いて次の内容を貼り付けて実行します。

64 ビット: cd C:/Program Files (x86)/iTunes そのあとに: iTunes.exe/setPrefInt carrier-testing 1
32 ビット:: cd C:/Program Files/iTunes そのあとに: iTunes.exe/setPrefInt carrier-testing 1

Macユーザーはターミナルに次の内容を貼り付けて実行します。
defaults write com.apple.iTunes carrier-testing -bool TRUE

 

 

 

Screen Shot 2014-01-16 at 4.52.40 AM copy

iTunesを起動しiPhone 5s/5cを接続しましょう。
接続後、iPhoneの項目が出現したら、アップデートの確認をクリックします。このとき、Shiftキー(MacならOptionキー)を押したままクリックします。

Screen Shot 2014-01-16 at 4.52.54 AM copy

 するとファイルを選択できるので、「TMobile_US_LTE_16.2.ipcc」を選択します。
※画像はdocomo用

 

Screen Shot 2014-01-16 at 4.53.04 AM

すると一瞬でキャリアプロファイルを先ほどダウンロードしてiTunesで選択した物にアップデートされます。
再起動する事無く早速適用されているはずです。

 

 

この操作を行うことで、LTE接続時に4G表示になります。
3G通信時は今まで4Gでしたが、3G表示になります。 

 

そして、この操作によりテザリング用のAPNが通常の通信時の物に書き換えられます。
そのため、テザリングが実質無制限で行えるようになります。(利用中のデータプランの量による)

 通信速度の高速化などの効果もあるという事ですが、よく分かりませんでした。

 

 

戻し方は、次の通りです。

iFile(脱獄アプリ)を起動して、 var/mobile/Library/Carrier Bundles  を開きます。
そこにあるiPhoneフォルダを削除。同じ階層にあるOverlayフォルダーの中身だけを全て削除します。

その後、再起動を2回行います。1度目の再起動が終わった後、電波を掴んだ事を確認してから二回目の再起動を開始してください。
これで元に戻ったはずです。恐らく古いプロファイルに戻っているのでアップデートが後で来ると思います。

テザリングAPNの部分はキャリアアップデートをすれば戻りました。

 

上記の内容はもちろん自己責任で実行してください。
このブログが推奨するものではありません。 
内容が間違っている事や、上の通りに遣っても出来ない場合があるかも知れません。
私が行って出来た通りに書いているつもりですが、どこかで余計なステップや足りない部分があるかも知れませんのであらかじめご了承ください。 

 

 

 

 

【要脱獄 iOS 7限定】iPhone 5s/5cでdocomoのキャリアプロファイルを入れ替えて「APN入力欄」を出現させる方法と、moperaやdocomo MVNOでテザリングをする方法。

docomo-mopera

NTT docomoからiPhoneが発売されたため、SIMロックフリーのiPhoneを使う場合においてもAPNの入力が出来なくなりました。
これは日本で販売されているiPhoneに限定されず全世界のiPhoneに同様です。
それは、docomoがiPhoneを扱うようになったためにdocomoのキャリアプロファイルがiOS 7に組み込まれているからです。
キャリアプロファイルとは、キャリア毎の設定の記述が行われた設定ファイルの事で、これには色々な設定が含まれます。

例えば、Safariのブックマーク。docomoのiPhoneには「dメニュー」「dマーケット」などが入ってます。
SoftBankのiPhoneには「Yahoo! JAPAN」「My SoftBank」が有ったと思います。

これらは、SIMカードを読み取ってキャリアプロファイルからSafariのブックマークに出現している物です。
キャリアプロファイルの設定はこれに限らず、iPhoneをネットに接続するときの接続先(APN)や、お留守番やガイダンス設定の番号も入っています。

 

ということで、iPhoneをdocomoで使う場合、mopera契約のdocomo SIMを入れるとなぜかネットに繋がらない現象が発生します。
これはキャリアプロファイルには、SPモードのAPNのみしか入っていない為です。接続しても接続できずに終わるのです。

これは、次のような構成プロファイルをiPhoneに入れることで改善することが出来ます。

 

Screen Shot 2014-01-16 at 4.29.18 AM

docomoでiPhoneを使おう! http://www.simlibre.net/about-us/構成プロファイルダウンロード/

上記のサイトから目的の構成プロファイルをiPhoneにインストールする事でmopera契約でもインターネットに接続できるようになります。
これは脱獄が要らないので非常に楽です。インストールはSafariからでないと行えないので注意が必要です。
自分で構成プロファイルを作ることも出来るので、気になる方はAppleから「iPhone構成ユーティリティー」をダウンロードすることで作成することも出来ます。

また、構成プロファイルではテザリング用の接続先を変更できません。そのため、脱獄してキャリアプロファイルを入れ替える必要があります。

docomo MVNOを使っていたり、色々なdocomo SIM (SPモード契約、mopera契約、各種MVNO)をよく切り替える人は自分でAPN変更が出来た方が良い場合がありますね。

今から紹介する、docomoのキャリアアップデートハックを行うとAPN項目が出現します。
ちょっと面倒です。 テザリングの設定方法もあります。

 

尚、本記事はJailbreak(脱獄)行為を行わないと設定出来ない物になります。
Jailbreakにはリスクが伴いますので、それを理解の上自己責任でお願いします。
また、途中で紹介するサイトやデータの安全性についても当方では一切の責任を持たない物とします。

 

さて、前置きが長くなりましたが説明に入ります。

これから紹介するdocomo用の入れ替え用プロファイルは@joe012594 氏が作成してくれたものです。
今回、お願いしたところdocomo用のデータを作ってくれました。ありがたいです。

 

以下の方法は既に次のことを終えている事が前提となります。

・脱獄が完了している
・iPhone 5s/5cを使っている。
・リスクがある事を覚悟の上、自己責任で行える人

 

 

T2

まずはCydiaを起動してManageタブへ行きます。その後はSourcesを選びます。
Sourceから、右上のEditをタップ、切り替わった画面でAddをタップします。

 

T3-2

そして、http://apt.chinasnow.net/を追加します。追加後、Sourceの一覧にChinaSnow.netが現れているはずなのでそれをタップ。
その中の一覧にCommCenter patch for i….と言う物があるはずなのでインストールしましょう。(上の画像ではModifyとなっていますが既にインストール済みのためです)

 

 

Screen Shot 2014-01-16 at 4.40.30 AM

その後、http://www.itweakios.com/apps/blog/show/40716202-carrier-update-hack-for-ios-7-0-x よりDownload欄にある「Docomo Japan 5C/5S」という項目を見つけてください。
その隣にあるURLをクリックすると、ダウンロード先に移動するのでダウンロードしましょう。(Webサイトとデータの安全性については当ブログでは保証しません。)

 

Screen Shot 2014-01-16 at 4.40.16 AM

 

「Docomo_jp_LTE_16.1.ipcc」となっています。ipccは拡張子です。
ファイル名にあるとおり、キャリアプロファイルバージョンは16.1になります。
この記事の執筆時点でdocomoのプロファイルは「ドコモ15.7」なのでそれより新しい物に偽装する為でしょう。
データサイズは11.53KBと軽いです。

 

Screen Shot 2014-01-16 at 5.19.24 AM

Windowsユーザーはコマンドプロンプトを開いて次の内容を貼り付けて実行します。

64 ビット: cd C:/Program Files (x86)/iTunes そのあとに: iTunes.exe/setPrefInt carrier-testing 1
32 ビット:: cd C:/Program Files/iTunes そのあとに: iTunes.exe/setPrefInt carrier-testing 1

Macユーザーはターミナルに次の内容を貼り付けて実行します。
defaults write com.apple.iTunes carrier-testing -bool TRUE

 

 

 

 

Screen Shot 2014-01-16 at 4.52.40 AM copy

iTunesを起動しiPhone 5s/5cを接続しましょう。
接続後、iPhoneの項目が出現したら、アップデートの確認をクリックします。このとき、Shiftキー(MacならOptionキー)を押したままクリックします。

Screen Shot 2014-01-16 at 4.52.54 AM copy

するとファイルを選択できるので、「Docomo_jp_LTE.16.1.ipcc」を選択します。

 

Screen Shot 2014-01-16 at 4.53.04 AM

すると一瞬でキャリアプロファイルを先ほどダウンロードしてiTunesで選択した物にアップデートされます。
再起動する事無く早速適用されているはずです。

 

 

 

その次はmoperaでテザリングを実行するためにテザリング用のAPNを書き換えます。

ここから下だけを行っても出来ないので、必ず上記のことを遣ってから下記を行いましょう。

 

kak1

iFileからvar/mobile/Library/Carrier Bundlesを開き、carrier.plistを開きます。
その中の下の方に、 <integer>49</integer>が有ると思うのでそこを見つけてください。
上の画像で緑になっている部分を次の物に書き換えます。 moperaでは無い人は、mopera.netの部分を違う物に書き換えてください。
Passwordが必要とされるMVNOキャリアの場合はPassword項目に入力をしてください。

 

下記、moperaの例

 

     </data>
      <key>type-mask</key>
      <integer>49</integer>
      <key>username</key>
      <string>mopera.net</string>
    </dict>
    <dict>
      <key>apn</key>
      <string>mopera.net</string>
      <key>password</key>
      <string>mopera.net</string>
      <key>signature</key>
      <data>

必ずオリジナルはとっておいてください。
全選択でコピーした物を適当なメモアプリにでも保存しておくと後で戻せますね。

 

kak2

更に var/mobile/Library/Carrier Bundlesの中にある overrides_N51_N53.plistを次の物に書き換えます。
同じく上の画像で緑になっている部分を次の物に書き換えてください。

 

    <dict>
      <key>AllowedProtocolMask</key>
      <integer>1</integer>
      <key>PcscfAddressRequired</key>
      <false/>
      <key>apn</key>
      <string>mopera.net</string>
    </dict>
  </dict>
書き換える前にオリジナルをとってください。
後で簡単に戻せますが、念のため。
N51_N53はiPhone 5s/5cの場合なので、その他の機種は他のplistを書き換えることになると思います。

 

書き換え後、再起動することでmoperaでもiPhoneのテザリングが出来るようになると思います。
もちろん、違うAPNでも大丈夫です。MVNOも行けるはずですが、手元にMVNO SIM が無いので確認してません。

 

 

 

戻し方は、次の通りです。

iFile(脱獄アプリ)を起動して、 var/mobile/Library/Carrier Bundles  を開きます。
そこにあるiPhoneフォルダを削除。同じ階層にあるOverlayフォルダーの中身だけを全て削除します。

その後、再起動を2回行います。1度目の再起動が終わった後、電波を掴んだ事を確認してから二回目の再起動を開始してください。
これで元に戻ったはずです。恐らく古いプロファイルに戻っているのでアップデートが後で来ると思います。

テザリングAPNの部分はキャリアアップデートをすれば戻りました。

 

上記の内容はもちろん自己責任で実行してください。
このブログが推奨するものではありません。
内容が間違っている事や、上の通りに遣っても出来ない場合があるかも知れません。
私が行って出来た通りに書いているつもりですが、どこかで余計なステップや足りない部分があるかも知れませんのであらかじめご了承ください。

 

後日、少しだけ内容を書き換えた、T-Mobile US版の記事も書くつもりです。
(→書きました