Apple iPhone 7 256GB (PRODUCT)RED™ Special Editionモデルを購入

 

DSC 0126

先日発表されたApple iPhone 7 256GB (PRODUCT)RED™ Special Editionモデルを購入した。
本体色が赤になっただけで、性能や機能はiPhone 7と変わらない。 2016年9月に発売されてから実に半年遅れでの登場となった。

今回購入したのはiPhone 7であり、iPhone 7 Plusではない。7 Plusも(PRODUCT)RED™モデルが同じように登場している。

 

DSC 0134

開封するとこんな感じ。(PRODUCT)REDと書かれた赤いカードが同梱されている。

 

DSC 0139

写真で伝えるのが難しい色だとは思うが、大体こんな感じ。
是非店頭で実機を見て欲しい。鮮やかで綺麗な色をしている。

 

 

DSC 0144

iPhoneシリーズでは初めて赤ではあるが、同じ(PRODUCT)RED™モデルは、iPodシリーズで既に登場していた。それが今回初めてiPhoneにも登場したというわけだ。

 

 

(PRODUCT)RED™については、Appleのこのページを見ていただくと分かりやすいと思うが、簡単に言うと売上の一部(割合は不明)がHIVの対策基金に寄付されるというもの。
今回のiPhone 7で(PRODUCT)RED™バージョンが出た意味は大きく、今後(PRODUCT)RED™とその活動についての認知度が上がれば良いなと個人的に思う。

Apple iPhone 6s 128GB SIMフリーモデルを注文した。→ 受け取るのを忘れた

image

先日発表されたApple iPhone 6sを予約注文しました。 正直あまり気が進まなかったのですが、現在使ってるiPhoneがiPhone 5sなので流石に買い換えないとなあーと思いつつ、店舗受け取りができるか確認していたら、間違えて注文の確定ボタンを押してしまいました。

手が滑って購入したのは、5年前のHTC Nexus One以来となります。これも何かの縁だと思ってキャンセルしないで買おうかと思います。

image

消費税と、Apple Care+を考えると13万くらいでしたっけ。 かなり高いiPhoneになりました。。

 

 

2015/09/25 追記

現在、アメリカに来ています。
日本で予約していたiPhone 6sの事をすっかり忘れており予約を受け取るのを忘れていました。。
ということで、予約のiPhoneは一旦キャンセル。
再度注文するか、どうするかまた考える事にします。(^^; 

【フィリピン】MNLのターミナル3でSmartのSIMを購入。

smart-tr3

フィリピンの首都、マニラにニノイアキノ国際空港(MNL)があります。
新ターミナルとして、第3ターミナルが去年あたりから運用開始になったそうです。
今回は、ターミナル3を使ったのでSIMを探してみました。

 

Baggage Claim(受託手荷物受取所)を出て、税関を通過して一般の人が立ち入れる所に行くと、結構解りやすい場所にありました。
GlobeとSMARTがありますが、両者並んでいるのではなくちょっと離れていました。

 

image

最初に提示された金額は、PHP 1,600(執筆時のレートで約4,200円)のSIMパッケージ。
滞在期間が短いので、安いのは無いのか確認をすると、ちょっと嫌そうにPHP 600のを教えてくれました。
SIMカードがPHP 100で、PHP 500のロード付きというものです。
そんなに使いませんが、音声通話なども使用するのでちょっと余裕があった方が良いのでそれにしました。

 

image

 

nano SIMも最初から用意されているのでSIMカッターは不要。
LTEにも対応します。通信料金は、1日 PHP 50(執筆時のレートで約130円)です。

PHP 600は執筆時のレートで言うと、大体1,600円くらいなので国際ローミングの費用を考えたら格安ですね。
しかし、日本国内でも格安SIMが多数出そろっていますので、通信環境を見ると大して安くないようにも思います。 

30日間ネットがし放題のプランだと、PHP 995で、日本円でおよそ2,600円。
LTEでもあんまり速く無いので、日本のぷららSIM(3Mbps/無制限)の方がよっぽどコストパフォーマンスに優れている気がしました。

image

ちなみに、LTEを掴んだときの速度はこんな感じでした。

 

image

速いところでこれくらい。応答速度が気になります。

 

 

image

滞在先では、SMARTのLTEは圏外でGPRSかEdge、3Gになってしまいます。
iOS 8でのGPRS表記は、「G」だけではなく「GPRS」になるんですね。

 

image

SIMロックを解除していないHW-01Fでネットワーク検索をすると、Globe LTEが検出されました。
Globeにしておいた方が正解だったのかは定かではありませんが、今回はSMART回線だけで色々試してみることにします。

 

iPhone 6 Plus SIMフリーモデルを注文した。

Screen Shot 2014-09-20 at 11.19.10 PM

Apple Online StoreにてApple iPhone 6 Plus 128GB ゴールド SIMフリーモデルを注文した。
容量と画面サイズで過去最大となるiPhoneのため、価格も一番高くついてしまった。
Apple Care +と合わせて、約11.8万円。

 

iPhone 6 Plus、実機を初めて触ってみた。とってもいい感じだが、やっぱり大きいから片手では使いにくそう。

iPhone 6と、iPhone 6 Plusには最初は興味が無く、買う予定は無かったけどお店でiPhone 6 & iPhone 6 Plusの実機を見たら欲しくなってしまい、店頭には各社の在庫があったのにも関わらずApple Online StoreにてSIMフリーモデルを購入する事を決めた。

 

昨日の写真だけど、量販店で見たiPhone 6 Plusの背面。Xperia Z1と比べて、サイズはそこまで変わらないから片手で使えないことも無いかなと。

ただ、持ったときのサイズが大きく「持ちにくさ」は感じていたため、少々不便そう。
最近は、カーナビ代わりに使う事も多いので、そういうことを考慮すれば良いかなという気にもなる。

Xperia Z1とiPhone 5sを現在使っているけど、TwitterはiPhoneで。WebブラウズはXperiaでやることが多くなってきたので、恐らくiPhone 5sの画面の小ささには、少しだけ飽きてしまっている部分があったのかもしれない。
とはいえ、iPhone 5sの画面サイズくらいが片手持ち&片手文字入力できる限界のサイズかと思っていたので、個体が大きくなることによる操作性の悪化はありそう。

とはいえ、Xperia Z1も、iPhone 6 Plusも片手でフリック文字入力できないってこともないので、慣れようかと思ってる。
これに慣れるPhone 5sやiPhone 6が小さく感じそう。 

 

iPhone 6はいいサイズ感。

iPhone 6は、良いサイズ感で持ちにくさもそんなに感じなかった。
無難にiPhone 6を買っておけば良かったかもしれないけど、価格差を考えると割高に見えてしまうので購入には至らなかった。

 

Swift使えるの楽でいいなあ

iOS 8の搭載で、サードパーティーのキーボードが使えるようになったiPhone。
今後、ATOKも登場予定ということで今後も色々と楽しみ。

 

 

iPhone 5sにiOS 8を入れるとdocomo MVNO SIMでもテザリングが出来るように。

Screen Shot 2014-09-18 at 8.22.24 AM

 

本日リリースされたばかりのiOS 8をiPhone 5sに入れて見ました。
docomo MVNO SIMを利用した際の挙動に変化ががあるそうなので、早速確認してみます。

 

 

image

まずは、 「ぷららモバイルLTE」の定額無制限プランSIMです。
3Mbpsの速度とはいえ通信量無制限で利用出来るので折角ならテザリングも利用したいところですが通常のiOS 7では行う事は出来ませんでした。 

 

 

 

 

image

続いて、「OCNモバイルONE」です。
1日50MB使えて通信量を超えると200kbpsに速度制限されるものですが、毎日少量しか使わないユーザーには良い選択肢と言えます。
このサービスには、1日600円ほど支払ってその日の高速通信が使い放題になるプランがあります。
このプランを使えば、旅行の際などで写真をシェアしたり テザリングでタブレットも使ったりという使い方もしたいところですが、iOS 7ではMVNOのテザリングが出来なかった為、不便でした。

 

 

 

docomo-mopera

docomoのMVNOではありませんが、mopera契約でも当然問題が無いはず。

 

 

image

結果、検証した全てのSIMでテザリングが利用出来ました。
便利になりました。

 

あとは、APNも手動設定できるようになれば良かったんですけどね。
 

MFi認証を取得していないiPhone/iPad/iPod用のLightningケーブルに注意。

non-mfi

(店頭で販売されるMFi認証を取得していないLightningケーブル)

 

iPhone 5以降の製品では、新しく”Lightning”と呼ばれるAppleの新しい独自規格の端子が採用されました。
このLightning(ライトニング)端子を搭載したUSBケーブルを使い、iPhoneの充電、パソコンからのデータ転送、またスピーカーシステムなどへの接続を行う事が出来ます。

実はこのLightning端子、Appleからの認可プログラムを通過した製品でなければ正規コネクタの供給が行われません。
正規コネクタではない製品の場合は、正しく充電出来なかったり、パソコンで認識しない場合もあります。
購入した時は正常に使えていたとしても、その後のアップデートで新しい対策をすることがあるため数ヶ月後には使えなくなる場合もあります。

しかし、ディスカウントストアなどでは依然として非認証のケーブルが堂々と売られている現状があります。
価格も決して安くは無いのに、非認証品を販売しているのは違法行為ではありませんが、ユーザー目線からして良い物ではありません。
Appleが、認証されたケーブルしか受け付けないように作っているのですから、通常はMFi認証を受けた製品を買うべきです。
勿論、上級者が承知の上で非認証ケーブルを買うのは、承知の上であれば良いでしょう。
しかし、ディスカウントストアなどでは、よく知らない人も買うわけなので「使えないかもしれない」「今後使えなくなるかもしれない」「既に使えないかも知れない」ケーブルを売っている光景を見ると良い気持ちはしません。

 

今回は、MFi認証プログラムがされたケーブルの見分け方を紹介します。
使えないかもしれないiPhone用のケーブルに騙されないようにしましょう。

 

 

MFi認証とは

Screen Shot 2014-05-14 at 11.17.02 PM

 

MFi認証とは、Appleが求める性能基準を満たしている製品に対し、MFiプログラムに参加している企業の製品にのみ与えられるものです。つまり、MFi認証を通過している製品は、Apple純正品でなくても純正品と同じように動作することをAppleが認めている製品になるというものです。

特に、 Lightning端子についてはこのプログラムを通過しない製品には端子の供給が行われません。
そのため、MFi認証プログラムを通過しない製品は粗悪な端子を使っている事が多い、となります。 

 

 

 

見分け方

_SLR9051

まずはコネクタです。
Apple純正品、またはMFi認証プログラムを通過している製品では、右の正規コネクタになります。
iPhoneなどに刺さってしまう銀色のコネクタ部分から下は、メーカーや製品によりデザインや形が異なります。
また、Apple純正品はどの製品よりも白い部分(iPhoneに刺した後も触れる樹脂の所)が小さいです。
それは中で使われている部品が異なるためです。

 

非正規品(つまりMFi認証を受けない製品)は一見似ているようですが大きく異なります。
全て同じというワケではありませんが、MFi認証を受けていない端子は作りが雑です。
正規品と比べなくとも、粗悪品であることが解るかと思います。

 

Screen Shot 2014-05-14 at 11.44.01 PM 1

互換Lightningケーブル初期の頃は、このように赤い部分が見えている製品も販売されていました。
最近でも売っている店舗を希に見かけますが、iOS 7.1では既に使えなくなっている可能性が高いですね。

 

 

正規品で無いコネクタも、正規品にそっくりなコネクタで販売してくる可能性もあります。
しかし、この記事を書いている段階では、端子が正規でない物はMFi認証を受けていない製品と断言できると思います。

 

 

 

Made for 表記

Screen Shot 2014-05-14 at 11.49.55 PM

Made for iPod iPhone iPadのロゴマークが貼られた製品は、MFi認証プログラムを通過しています。
これは、Lightning端子にのみ与えられる物では無いので、iPhoneやiPad対応製品でAppleのMFiによる適合検査を通過できた製品シリーズにロゴの使用が許される物です。

勿論、勝手に貼り付けている酷い製品も中にはありかも知れません。

 

 

 

 

 

ちゃんとした製品を買おう

ちゃんとしたメーカーの製品を、ちゃんとしたお店で買うようにした方が良いでしょう。
MFi認証プログラムを通過していないLightningケーブルを売っているようなお店は信用できないかもしれません。

Apple純正品、各種大手メーカー製品であれば安心でしょう。

インターネットで買う場合、Appleの正規品の画像を流用しているケースも多いので特に注意しましょう。

 

 

 

 

 

     
      
      

 

上記で紹介している製品は、全てMFi認証プログラムによるライセンス品です。
Apple純正品を謳った出品にて偽物が出品されたりすることもあるので注意してください。

スマホのフリック入力は早く慣れて使いこなせるようになると快適。

image

 

スマートフォンの文字入力方法には様々な方法があります。
一般的なのは、「かな入力」「フリック」「QWERTY入力」 とありますが、フリック入力が個人的にはスマートフォンでの日本語入力は最速だと思うので紹介します。
といっても、既に一般的な入力方法となっていますが、 フリック入力歴5年くらいの私がその良さを解説します。

 

 

慣れないと使いにくいけど慣れると簡単

フリック入力というのは、指を滑られて文字入力を行うものです。
慣れないとストレスに感じる方もいると思いますが、私は1ヶ月足らずで完全になれてしまったと思います。 

 

慣れるためには文字を打つ事が大切で、とにかく沢山入力する事がポイントだと思いますが、タイピング検定の様な文を真似して入力してもあんまり意味が無いかもと思ったりもします。

普通のメールやTwitterなどを利用する際に、フリック入力とかな入力を併用するところから始めると、慣れるのは早いと思います。

 

 

フリック入力は画面をタッチする回数が大幅に減る

フリック入力の特徴に、画面へのタッチ回数が減ることにあります。

例えば、「千代田区」と入力するときの「かな入力」と「フリック入力」の違いです。

このような短い文では、入力の速度に大きな変化はありませんが、画面をタッチする回数は、実はちょうど半分になっています。
 

 

 

法則は簡単 

フリック入力の文字配列は、「あ」「か」「さ」「た」「な」「は」「ま」「や」「ら」「わ」の部分は長押しすると分解されt表示されます。次の通りです。

 

imageimageimage

imageimageimage

imageimageimageimage

※「や」「ゆ」「よ」の3種類のみとなっているので、十字の表示は出ません。
※「、」には「。」「?」「!」の4種類が表示されます。
※濁点、半濁点、句読点は他の文字を未確定状態で保持した状態時にのみ表示されます。
※左下の「^_^」は顔文字入力です。絵文字は別キーボードを設定する必要があります。

 

 

ここでは、「ア行」を例に取ってみます。

image

「あ」を一回タップすると、「あ」 二回タップすると「い」になります。しかしこれでは「かな入力」となってしまいます。
フリック入力は「あ」を左右上下にスライドさせて「い」「う」「え」「お」を入力します。

 

Screen Shot 2014-03-30 at 3.32.47 PM copy

ア行を例にして言うと、

あ=1
い=2
う=3
え=4
お =5

と順番を付けることが出来ます。「お」と入力したければ、1を5の方向に持って行く事で「お」と入力がされます。
非常に簡単な仕組みとなっています。

 

 

 

私自身、文字入力はあまり速いほうではありませんが、慣れてくるとこれくらいの速度で入力する事は造作も無くなります。
ちなみに私は片手持ちの片手入力派で、両手持ちはタブレットの時など、片手持ちが出来ないデバイスを使うときの限り両手を使って操作しています。

タブレットでは、QWERTY入力を使用しています。
AndroidでもiOSでもタブレット上でフリック入力を行うことが出来るので、必要に応じて使い分けていますが、主に縦画面で使う時はタブレットでもフリック入力をしています。

 

 

iPhoneでは標準でフリック入力に対応しています。
Androidの場合は、IMEソフトウェアにより異なるためフリック入力に対応していないIMEの場合はフリック入力をすることが出来ませんが、Google日本語入力やATOKはフリック入力に対応しています。
他のIMEソフトウェアでも対応しているソフトウェアは多くあると思いますが、私は基本的にAndroidではATOKかGoogle日本語入力しか 使用していないので、その他については知りません。