Google Nexus 6で接続しているLTEバンドを確認する方法。

image

先日購入したGoogleのスマートフォン「Nexus 6」ですが、接続中のLTEバンドを確認する方法はないか探していたところ、どうやらNexus 5とほとんど同じ方法で行えることが解りましたので、紹介します。

続きを読む

オーディオレス仕様のデイズルークスにPioneerのFH-780DVDを取り付けてもらった。

K0000467521

先日購入した日産の軽自動車「DAYZ ROOX」に、PioneerのFH-780DVDというカーオーディオを取り付けてみました。
といっても、取り付けたのは納車日なので、もう半月ちょっと前の話になります。 

購入したDAYZ ROOXは「オーディオレス仕様」となっており、ラジオさえも最初から付いていません。
スピーカーはリアの両サイドに1つづつ付いているので、スピーカーを新しく取り付ける必要はありませんでした。

  

 

カーナビは選択肢に無かった

カーナビを付ければ、ナビも出来るし、iPhoneを繋げて音楽を聴いたり、最近では地デジを見たりすることもできます。
その分、オーディオ専用の機器に比べると高くなりますが、長い目で見たらその方が使い勝手が良いでしょう。

しかし、カーナビって使いにくいんですよね。
地図情報が古くなると更新も必要になるし、最新のカーナビですらスマートフォンのようにすいすいと動かない物が多いです。 

なので、私はGoogle Mapをインストールしたスマートフォンをナビの代わりに使うようにしています。
その方が使い勝手が圧倒的に良いです。勿論デメリットもあります。
車速パルスを読めないので、トンネルやGPSが入りにくい場所では車が進んでいるのかどうかを認識できません。
さらに、圏外エリアが長く続くと地図情報が入らなかったりして道が見えなくなることもあるでしょう。
でも、その辺はあんまり考えなくても良さそうなので考えない事にしています。 

 

 

iPhoneとの連携

iPhone(iPod)を接続して、充電しながらiPhoneの中にある音楽を聴くことが出来ます。
操作はiPhoneからでも、オーディオ側からでも可能です。アルバムアートもiPhoneから接続してあげれば割と綺麗に表示される印象でした。

USBメモリーやCD-R/RW、DVD-R/RWにmp3をそのまま入れても再生出来ます。
しかし、アルバムアートはあまり綺麗に表示されない傾向にあるかもしれません。 

 

Google Mapでナビをしながらつかうと、音楽を聴いていてもナビの音声が流れるときには音楽の音量が小さくなり、ナビの音声後に音楽の音量が戻るという点も使い勝手良いですよね。
このFH-780DVDとiPhoneはUSBケーブルで繋がりますので、非常に使い勝手が良いと思います。

しかし、Bluetooth接続はできないので、ケーブルが煩わしい人にはちょっとお勧めできないかもしれません。 

 

 

ナビは要らないけど、2DINのオーディオが欲しい人にはお勧め

FH-780DVDは、カーナビは要らないけど2DINスロットに入るオーディオが欲しい人にはお勧めできると思います。
あとで必要に応じて地デジチューナーなどを入れればテレビを見ることもできるみたいですし、バックカメラも追加できるみたいです。 

それと、なんと言っても安いのが特徴です。
DVD再生(個人的には全く不要)が出来て、カーナビに似た大きい画面を備えているのに、25,000円前後で購入出来ます。
ネットで探すと20,000円ちょっとくらいで買えますが、お店だと30,000円弱で販売していたりしますがそれでも安いです。
ナビは不要な人がオーディオのためにナビを付ける位なら、最初からこの手の製品を買ったほうが良い気がします。 

私のようにスマートフォンのナビで十分だという人も多いと思うので、そういう人には凄くオススメできると思います。

 

 

 

 

 

LINK : カーAV/AVメインユニット FH-780DVD/Pioneer

ThinkPad USB Keyboard with TrackPointをMacBook Proで使う時の設定と使い方。

 

Macbook Pro ThinkPad USB Keyboard

 
MacとWindowsでは基本キーこそ同じ物の、細かなキーは共通化されていません。
例えば、CommandキーはWindowsにありません。また、WindowsキーはMacに搭載されていません。
この他にも色々と異なるキーが搭載されているため、Windows用のキーボードをMacで使うのは色々と面倒です。
 
しかし、ThinkPad USB Keyboardがお気に入りで手放したくない私としては、是非MacBook ProでThinkPad USB Keyboard with TrackPointを使いたいので、色々と調べたり自分で試したりしたので、その備忘録としてブログに書いておきたいと思います。
 
 
ThinkPad USB Keyboard with TrackPointをMacBook Proに接続した所、あっさり使えるようになりました。
特別なドライバやソフトウェアのインストールをすることなく、使えます。しかし、完璧ではありません。
 

LINK : Mac で ThinikPad USB トラックポイントキーボードを使う – Qiita

今回の記事では、上記のサイトを一部参考にさせていただきました。

 

Screen Shot 2014-05-13 at 3.45.31 AM

まずは、キーボードの設定を開きます。
キーボードの選択項目を、 ThinkPad USB Keyboard with TrackPointにしておきます。
その下にある項目はこのままにしておきます。(好みで変更してOKです)

 

Screen Shot 2014-05-13 at 3.46.25 AM

つづいて「KeyRemap4MacBook」をインストールしましょう。

 

Screen Shot 2014-05-13 at 3.49.51 AM

KeyRemap4MacBookを起動したら、検索バーにmiddleと入力し、右にあるshow enabled onlyにチェックを入れます。
すると、1つだけ項目が表示されると思います。MiddleClick + CursorMove to SchrollWheelであればチェックしてください。

これで、ThinkPad USB Keyboard with TrackPoint(以下ThinkPadキーボード)の右クリック・左クリックボタンの中間にあるボタンと、トラックポイントを上下左右させる操作で、スクロールが出来るようになりました。

 

 

ここからは応用編?です。
よりMacのキーボードに近い操作をするために必要な使い方の説明です。
私も試行錯誤しながら探してたので、他に良いキーがあるかもしれません。

 

 

 

Screen Shot 2014-05-13 at 4.13.39 AM

この状態にするには、Macではトラックパッドに指を4本置き、上にスワイプしたり、F3があるキーを押せば出来ますが、Windows用キーボードでは、Ctrlと↑キーでできます。

 

 

Screen Shot 2014-05-13 at 4.17.55 AM

トラックパッドに指を4本置き、左右にスワイプすることで切り替える事が出来たデスクトップですが、トラックポイントは4本もないので、Ctrlと←もしくは→キーを押すことで切替が出来ます。

 

 

他にも

 

アプリケーションの終了は、Windows + Q。
データの削除はWindowsキー + BackSpace。
ゴミ箱を空にする操作はShift + Windows+BackSpace。

コピーはWindows + C
ペーストはWindows + V
 

液晶照度の調節は、ScrLk/NmLk + Pause/Break。
表示されているウィンドウを端に避けるにはF11
ダッシュボードを表示させるにはF12

音量操作は標準のボリュームキーで操作できます。ミュートも同様です。
マイクミュートとThinkVantageキーは動きません。

 

個人的に困るのは、ローンチパッド(Launchpad)の展開方法が解りません。 
対策としては、Launchpad.appをDockの中に入れておくなどするか、ショートカットキーで呼び出せるようにするしかないかもしれません。面倒な感じがします。

 

基本的に、

Control → Ctrl 
Option → Alt
Command → Windows

 

に切り替わったことだけでも解れば大分使えます。 

 

ThinkPadキーボードは使い勝手が良いので大好きです。
私が使っていたThinkPad X201sのキーボードと同じ物ではありませんが、使い勝手に問題は無いと感じています。

Macのキーボードも良いのですが、ノートパソコン使うと画面がどうしても手前に来てしまうんですよね。
そのせいで視力が低下したので、適当な距離を空けるようにする為に自宅ではThinkPadキーボードを接続するようにしてみました。
これにより、MacBookと私の間に、ちょうど良い距離が生まれたので、目にも良さそうな気がします。
あと、ブログ書くときみたいな長文を入力する時にもThinkPadキーボードは疲れにくくていいです。
それから、入力していて楽しさが違う感じがします。どんどん入力できちゃいそうな気がしてきます。

 

そんなわけで、ThinkPadキーボードをMacで使う時の設定と、各種キーの説明でした。

快適に使えるようになるには慣れが必要ですが、私は初めて設定してから2時間くらいで結構慣れた気がします。
でも、ちょっと不便な面もあるので、途中から戻しちゃうかもです。

 

 

Androidで不要な通知を表示させなくする方法。

_SLR8780(LG isai  – LGL22)

先日、auから発売されているLG isai(LGL22)を購入したことは当ブログで書いているとおりです。
久しぶりのAndroid、さらにauのAndroidということで、当然ながら色々と不要なプリインストールアプリが多くて気になりました。容量余ってるし、消すのも面倒なのでそのままにしていますが、目障りなのは「auマーケット」のアップデート通知です。
今回は手っ取り早く通知を無効にさせる方法を紹介します。
 
※auマーケットとは、au版の「Playストア」みたいな物でアプリなどをダウンロードする為のアプリです。
 
 
 
 
Screenshot_2014-05-07-22-17-50
 
画面の一番左上にあるアイコンが、au Marketからのアップデート通知です。
 
 
 
Screenshot_2014-05-07-22-18-04
 
アップデートの通知ですね。
 
 
Screenshot_2014-05-07-22-17-18
私からすれば全て不要なアプリです。
だけど、アップデートするのは構いません。しかし、全て「アップデート(手動)」となっています。
どうせ使わないし、アップデートの通知を表示しないようにしましょう。
 

Screenshot_2014-05-07-22-18-11

 
通知が表示されている状態で、その項目を長押しします。
すると、「アプリ情報」なるものが出てきます。それをタップ。
 

Screenshot_2014-05-07-22-18-18

 
こんな画面になるかと思います。
「通知を表示」のチェックを外します。
 

Screenshot_2014-05-07-22-18-25

 
ここは「はい」で大丈夫です。
これで通知が行われないようになりました。
 
通知をオフにしても、アプリを起動すれば問題無く利用出来ます。
もちろん後でau Marketの手動アップデートを行うためにアプリを起動する事も問題ありません。 
 
 
 
 
通知が目障りなアプリがある場合は試してみると良いかもしれません。
 

Mac OS Xで複数の国の言語を入力できるようにする方法

MacではiOSのように複数の言語入力が簡単にできます。
今回はその設定方法の紹介です。
私は現在、Mac OS X 10.9.2(Mavericks)を使用していますが、他のバージョンでもほぼ同じ操作だとおもいます。

 

 

Screen Shot 2014-03-21 at 2.25.09 PM

まずは、System Preferences(システム環境設定)をクリックします。

 

Screen Shot 2014-03-21 at 2.42.40 PM copy

次にKeyboard(キーボード)をクリックします。

 

 

Screen Shot 2014-03-21 at 2.42.45 PM copy

タブをInput Sources(入力ソース)タブに切り替えて、青く囲った「+」をクリックします。

 

Screen Shot 2014-03-21 at 2.42.56 PM

好きな言語を選択し、Add(追加)をクリックします。

 

Screen Shot 2014-03-21 at 2.43.06 PM copy

私はShortcuts(ショートカット)タブの、Input Sources(入力ソース)項目の「Select the previous input source」(前の入力ソースを選択)にチェックを入れているので、コマンドキーとスペースで言語切替出来るようにしています。

 

Screen Shot 2014-03-21 at 2.44.08 PMScreen Shot 2014-03-21 at 2.43.56 PM

先ほど指定した中国語(Pinyin入力)が出来るようになりました。
追加のソフトウェアのインストール無しでこのように複数の言語を追加できるのは時に便利ですね。

 

Mac OS XのDockに設置してあるダウンロードフォルダーを消しちゃった時の戻し方

Screen Shot 2014-03-19 at 10.18.29 PM

Mac OS XのDockにはダウンロードフォルダーが入っていますが、間違えて消してしまった場合の戻し方を解説します。 私も一度消してしまい焦りましたが、簡単に戻す事が出来たので紹介します。

 

Screen Shot 2014-03-19 at 10.19.26 PM copy

Finderを立ち上げ、ダウンロードの項目をゴミ箱の隣にドラッグしましょう。 そうすることで、ダウンロードフォルダーがDockに復活します。

 

 

Screen Shot 2014-03-19 at 10.19.34 PM

表示方法には複数あり、設定することが出来ます。 メニューの表示は、二本指クリックか、右クリックです。

 

 

Screen Shot 2014-03-19 at 11.29.08 PM

 

ファン表示

 

 

Screen Shot 2014-03-19 at 11.29.20 PM

グリッド表示

 

 

Screen Shot 2014-03-19 at 11.29.30 PM

 

リスト表示

 

 

使い勝手の良い表示に切り替えることで、より便利に使うことが出来ます。

なお、ダウロードフォルダー以外の項目を入れることもできます。任意のフォルダーを登録することで、よく使うフォルダーへのアクセスが速くなりそうですね。

Mac OS XでのOS言語切替方法

Max OS XにてOSの基本言語を変更する方法です。

私は現在、Mac OS X 10.9.2(Mavericks)を使用していますが、他のバージョンでもほぼ同じ操作で設定可能だと思います。

Screen Shot 2014-03-21 at 2.25.09 PM

まずはSystem Preferences(システム環境設定)から

Screen Shot 2014-03-21 at 2.25.21 PM copy

Language & Region(言語と地域)を選択します。

Screen Shot 2014-03-21 at 2.25.37 PM copy

赤く囲った「+」をクリックすると、利用できる言語の一覧が表示されます。
青く囲った部分はドラッグで順番を変えることで一番上の言語がシステム言語として使用されます。
ここには複数言語の登録が出来ます。切替には再起動が必要です。

Screen Shot 2014-03-21 at 2.26.00 PM

利用できる言語の一覧が表示されます。OS言語として使用したい言語を選択し、Add(追加)します。

Screen Shot 2014-03-21 at 2.26.35 PM copy

スペイン語を選択してみました。すると、Use Spanish(スペイン語を使用する)というボタンが出現するのでクリックします。

Screen Shot 2014-03-21 at 2.26.45 PM copy

再起動が必要ということなので、Restart now(今すぐ再起動)をクリック。

13316410864_3b8f6f46e6_o

再起動後、システム言語がスペイン語になっていました。
戻すときや、別の言語に切り替える場合は今の手順を繰り返せばOKです。