カメラ・映像技術の祭典 CP+ 2015に行きました。

SLR_6301

神奈川県のパシフィコ横浜にて2015年2月12日〜15日の日程で開催されている「CP+」に行ってきました。
ここでは、カメラ、写真関係の総合展示を行っており、毎年恒例の行事となっています。
いままでも参加したかったのですが、ちょっと遠い上に都合が合いにくく行く事が出来ませんでしたので今回が初めての参加となりました。

 

ルーター禁止

会場ではモバイルルーター禁止となっていました。
この手のイベントではWi-Fiが多すぎて混線してしまうので、我慢です。
持っていた305ZTの電源を切りました。

 

SLR_6084

いろんなブースをまんべんなく見てきましたが、ざっと気になった所だけご紹介。
まずはニコンブースです。

 

nd810a

Nikon D810A。これは2015年5月に発売が予定されているカメラです。
主に天体撮影者向けのカメラでHα線の撮影が上手く出来るようになっているとのこと。
NikonのWebサイトからD810Aの作例にあるような写真は、Hα線を上手く撮影できないカメラだと淡く写るということで、天体撮影をする人にはうってつけのカメラになっているようです。

 

SLR_6085

その他の外観は、Nikon D810とあまり変わらない様子。

 

 

SLR_6105

AF-S NIKKOR 200-400mm f/4D ED VRⅡの展示。
この手の望遠レンズって、結構な金額がしますが用途が限られるのでなかなか手が出ない代物です。
勿論、良く望遠撮影をする人には必要なレンズです。

 

SLR_6155

望遠といえば、SIGMAのAPO 200-500mm F2.8 / 400-1000mm F5.6 EX DGです。
価格が定価で250万円ほどするというレンズですが、最大で1000mmの焦点距離で撮影可能です。
カメラ専門店でもなかなかお目にかかれないレンズです。

 

SLR_6166

焦点距離は本体に内蔵されている小型のディスプレイに表示されます。
f/5.6で1000mmの撮影が出来るということは、かなりの実用性がありそうです。
しかし、高価な上に大きくて重いので気軽に使えるような物ではなさそうです。

 

SLR_6124

「後からピントを選択できる」と話題のLYTROのカメラブース。

 

SLR_6125

ブース内ではジオラマを用いた展示が行われていました。
混んでいたのでカメラには触ってきませんでした。

 

SLR_6119

SONYのαレンズ群。
色んなレンズが綺麗に並んでいます。

 

sp70-200

カメラレンズを手がけるTAMRONのブースでは、レンズの断面が展示されていました。
レンズの構造がよく分かる貴重な展示ですね。カメラレンズがいかに精密なものなのか、何故高価なのかも解ってきます。

 

 

ざっと回ってきましたが、こんな感じでした。

三脚などは触って雲台の感じなどを見る事が出来るので、三脚の購入を検討している方にも良い展示となってます。
さらに、バッグの展示も多いので、アクセサリー関係も色々試せました。

色々と気になる展示が多いので、カメラ好きの人は是非足を運んでみてください。
CP+ 2015は2015年2月15日までの開催となっています。

Nikon D750を購入した。

SLR_0289

デジタル一眼レフカメラを新調しようと考え、Nikon D750を購入しました。
今回は、AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRレンズもセットのレンズキットを選んでみました。

 

SLR_0305

初めてのFXフォーマット(フルサイズ)機の購入で、色々迷った結果バランスと最新機能を備えているNikon D750がいいかも?と思いD750を選択しています。
Nikon D610やNikon D810、Canon  EOS 7D Mark Ⅱも候補には挙がりましたが、いろいろ検討した結果D750でした。

 

SLR_0311

今までメインで使ってきたNikon D300はCFカードスロット1つでしたが、D750はSDカードスロットが2枚刺さるようになっています。

 

SLR_0297

SDXC UHS-Iに対応しているのですが、SDHC規格のSanDiskのExtreme PLUSシリーズを購入。
一番高速なタイプではありませんが、1枚4000円程度で販売されていたので2枚購入。
2枚同時に利用出来るので、ひとまずRAWとJPEGの2種類の記録で分けてみようと思います。

 

SLR_0315

キットレンズのAF-S NIKKO 28-120mm f/4G ED VRレンズをD750にセットしてみた様子。
結構大きいレンズなので、バッテリーグリップを付けていない状態だとレンズフードのサイズもあってカメラが少し浮いてしまいます。 
バッテリーグリップを付けると重くなるのと、D300のような性能の変化※が無いようなのでバッテリーグリップの購入は検討中。

※=Nikon D300はバッテリーグリップを付けることで連写性能が向上した。

 

 

SLR_0316

買ったばかりでまだ部屋で試し撮影した程度なので映り具合などはまだ解らない。
早速試しに出掛けようと思います。

 

モノコックボディーで安っぽいとか言われている機種ではあるけど、触ってみた感じ普通。
Nikon D5300のようなエントリークラスと比較すると、圧倒的な上級感はあるものの、Nikon D300と比較すると安っぽくなったかな?と思うような部分はちょっと感じた。
カメラ左上のダイヤルにQUALITY、WB、ISOのボタンがあって、それを押しダイヤルを回すことで調整が出来たNikon D300と比べると操作性は悪くなっていると思ったけど、これも慣れだと思ってます。
Nikon D750は液晶横のボタンを押しながらダイヤル操作でISOなどを切替出来るので慣れるまで時間が掛かりそう。

 

Nikon D750の紹介でした。 

 

SONY DSC-HX400Vを購入した。

_SLR9813

SONYのデジカメ、DSC-HX400Vを購入しました。
いわゆるネオ一眼と呼ばれるタイプの物で、レンズ交換式ではないけど一眼レフカメラみたいな見た目のカメラです。
この手の機種は、いろいろと発売されており、高倍率のズームなどが大きな特徴とされている部類のカメラとして位置付けされているように思います。

今回は、 CASIO EX-P505以来のネオ一眼となるSONY DSC-HX400Vを購入したので紹介します。
ちなみにCASIO EX-P505は、2005年に発売された物で500万画素&動画撮影機能がある物でした。ネオ一眼に含まれるのかはよく分かりません。

 

主な性能

_SLR9815

主なスペックは、2,040万画素の裏面照射型CMOSセンサー(Exmor R)搭載の、光学50倍のズームが出来るデジカメです。
Wi-FiとNFCにも対応し、画像処理エンジンにはBIONZ Xを搭載しています。

 

 

サイズ感はどうか

SONY DSC-HX400V

コンパクトデジタルカメラと比較すると、大きくて重いです。
ですが、私が使っているデジタル一眼レフカメラ Nikon D300と比較すると、小さくて軽くて安っぽいです。
価格も5万円程度と低価格ですが、非常に良く出来ているカメラかもしれません。

 

 

レンズ

_SLR9820

レンズには、ZEISS(カール・ツァイス)レンズを採用しています。
SONYのGレンズと比べると、映りにどれほどの差があるか気になるところです。

 

嬉しい機能

_SLR9825

嬉しいことにNFCとWi-Fiに対応しています。
スマートフォンなどに写真を転送するのが楽々です。
特にNFC対応機種はかざすだけで設定が終わります。アプリのインストールは別途必要です。
_SLR9822

この機種を購入した理由として、「Wi-Fi」「NFC」「microUSB充電」があり、「GPS」「光学50倍ズーム」「バリアングル液晶」がそれに続きます。

スマートフォンに転送するのが簡単なので、凄く便利そうです。
モバイルバッテリーから給電(バッテリー外したら動かない)/充電が出来るので、専用の充電器が不要なのもとても良く、ケーブルがmicroUSBという汎用品なのが気に入りました。
専用ケーブルを採用しないあたり、SONYも変わってきているのかなあと思います。

 

_SLR9826

MOVIEボタンがあるので、スグに動画を撮影できます。
動画は、AVCHDの24fps/60fpsのいずれかを選べます。24fpsはプログレッシブのみで、60fpsはインターレースにも対応します。
ビットレートは、最大28Mbps(60p選択時)で撮影することが出来ます。
28Mbpsの60pの設定で、2GBのSDカードを入れると動画が9分程度撮影できるそうです。

 

_SLR9828
「ネオ一眼」の売りである高倍率ズームについてですが、このDSC-HX400Vは光学50倍のズームに対応しています。
アスペクト比が4:3の時、35mm換算で24mm〜1,200mm相当の画角で撮影できます。f値は2.8〜6.3です。

 

ファインダーは使いにくい

image

この写真は、iPhone 5sにファインダーを覗かせて見た様子です。
肉眼ではもう少し明るくは見えていますが、解像度が低いのが写真でも見て取れるかと思います。
液晶モニターが見える場所では液晶モニターを使って撮影するので、あんまり気にしてはいないんですが、それにしてもイマイチなポイントです。
ファインダーに期待すると酷い目に遭いそうです。

 

 

メニュー画面はαスタイルを取り入れている

image

メニュー画面はαシリーズの物を取り入れているらしいです。
なので旧型のDSC-HX300とは違うメニュー画面みたいです。色々調べてみたところ、YouTubeで解説している方がいたので、参考までに貼っておきます。

 

Video by TheDigitalDigest

付属品 

_SLR9831

 

付属品は少ないです。
55mmのSONYレンズキャップ、microUSBケーブル、USB ACアダプタ、カメラストラップ、各種説明書などのみです。
本体に収納しているのでバッテリーの写真はありませんが、バッテリーも1つ付属しています。
アクセサリーシューキャップは装着済みでした。

 

 

 

拡張性

Screen Shot 2014-08-20 at 11.02.48 PM

アクセサリーシューに対応しているので、外付けのストロボやビデオライト、マイクなどが装着できます。
より本格的に写真・動画を始めるのには良さそうです。

 

 

ズーム時のピントもしっかり

DSC00024

ズームを使い遠くから撮影した1枚。加工はトリミングのみです。
オート設定で撮影したものですが、ピントがしっかりと合っています。航空機撮影とかにも使えそうです。

 

 

高倍率レンズは使い勝手が良い

DSC00048

35mm換算で、24mm〜1,200mm(4:3時)なので、レンズ交換せずに広角撮影をしたあとに、

 

 

DSC00063

一気に寄る事も出来ます。一眼の高倍率レンズでも、24mm〜1,200mmなんてできるレンズは存在しないんじゃないでしょうか。
色んなシーンで気軽に撮影できるのが最大のメリットです。

 

 

最後に

SONY DSC-HX400V

コンパクトとは言い難いですが、それでも一眼レフカメラに比べるとコンパクトで手軽なので、撮影がメインではないちょっとした旅行や、普段使いに良く使えそうなカメラでした。

 

 

リンク

 

LINK : SONY 製品情報 サイバーショット DSC-HX400V 仕様

LINK : SONY 製品情報 サイバーショット DSC-HX400V 特徴

 

            

 

 

撮影サンプル

最後にオート設定で撮影した作例を4枚掲載します。
クリックすることで、flickrからオリジナル解像度で表示することが出来るので画質の参考までにどうぞ。

DSC00043

 

DSC00033

 

DSC00029

 

作例は全てアスペクト比 4:3、20M、自動設定で撮影した物です。

Nikon、新型ミラーレスカメラ「Nikon 1 J4」を発表。

Screen Shot 2014-04-10 at 7.20.48 PM

 

Nikonは新型のミラーレスカメラを発表しました。世界最速の20コマ/秒でのAF追従撮影が出来るほか、1839万画素の有効画素数を誇る新機種で、本体色はシルバー、ホワイト、ブラック、オレンジの4色展開となっています。

また、ISO感度は160〜12800となっており、ISO 6400とISO 12800ではノイズリダクション機能を使うことで、ノイズ軽減効果が期待できる物としています。

ディスプレイにはタッチパネルの3インチティスプレイを搭載しており、タッチ操作でピントやターゲット追尾、撮影などが行えるようになっているとのことです。

Wi-Fiも内蔵しているので、撮影後にスマートフォンなどに写真を転送する事が出来ます。(専用アプリをスマートフォンに入れる必要があります)

動画撮影は1920×1080の60fps(プログレッシブ)に対応しており、動画撮影中も電子手ぶれ補正VRが使用できます。

また、防水ハウジング「ウォータープルーフケース WP-N3」も登場します。 これを使う事で水深45mまで潜って撮影が可能となります。水中スピードライトSB-N10も併せて使用できます。

 

LINK : 高速性能と高画質を小型・軽量ボディーに凝縮した、レンズ交換式アドバンストカメラ「Nikon 1 J4」を発売 -Nikon

Nikon、Android搭載のCOOLPIX S810cを発表。Androd 4.2とWi-Fiを搭載。

Screen Shot 2014-04-10 at 7.21.10 PM

Nikonは海外市場向けにCOOLPIX S810cを発表しました。日本国内むけのリリースは不明です。

旧型のCOOLPIX S800cから色々とアップデートされているようです。Android 4.2を搭載し、記憶媒体はmicroSD専用に切り替わりました。バッテリーも大きい物に変更されています。

カメラ部分のスペックは、1,600万画素 CMOSセンサーを搭載。光学12倍ズームを搭載したf3.3-6.3のNikkorレンズを搭載します。
ISO感度は125-1600で利用出来ます。

動画撮影は1920×1080 30fpsで行え、記録はMOV形式のみ。静止画はJPEG形式のみです。

米国での価格は$349.95となっています。

 

LINK : Android returns to Nikon Coolpix lineup with S810c – CNET

Nikon、フラグシップ一眼レフカメラ D4sを正式発表。

 

ND4s

 

 

Nikonが、フラグシップ機種である、一眼レフカメラ「D4」の後継機種にあたる「D4s」を正式発表しました。
製品の見た目はD4と比較して殆ど変わりません。外観の写真を見る限りだとメディアカバーの形状変更くらいしか見分けが付きませんでした。

さて、当ブログで以前紹介した一部でうわさされていた性能を実際の性能を比較してみます。 

 

 

項目 うわさのスペック 正式なスペック
画素数 2,400万画素 1,620万画素
センサーサイズ 36.0mm×23.9mm  36.0mm×23.9mm
センサー CMOS  CMOS
連写性能 11コマ/秒  最大11コマ/秒
フォーカスポイント(AF) 51点  51点

このようになりました。
画素数の部分ですが、Nikon D4と同じ1,620 万画素ということです。
厳密には、D4よりも総画素数が1万画素、有効画素数が3万画素スペックアップしています。

 

D4とD4sの主なスペックの違いを見ていきます。

 

  D4s D4
ISO感度 100~25,600 100~12,800
拡張ISO感度 50/409,600 50/80/204,800
バッテリー EN-EL18a EN-EL18
動画フレームレート 1920×1080:60p/50p/30p/25p/24p、1280×720:60p/50p、640×424:30p/25p、1920×1080クロップ:30p/25p/24p・60p:59.94fps、50p:50fps、30p:29.97fps、25p:25fps、24p:23.976fps 1920×1080:30p/25p/24p、1280×720:60p/50p/30p/25p、640×424:30p/25p、1920×1080 クロップ:30p/25p/24p・60p:59.94fps、50p:50fps、30p:29.97fps、25p:25fps、24p:23.976fps
有線LAN RJ-45コネクター・ 準拠規格:IEEE802.3ab(1000BASE-T)/IEEE802.3u(100BASE-TX)/IEEE802.3(10BASE-T)・ データ転送速度(規格値※4):10/100/1000Mbps(自動認識)・ ポート:1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T兼用ポート(AUTO-MDIX) RJ-45コネクター

このようになります。

特徴としてISO感度が2倍になり、より高感度撮影が出来るようになりました。拡張時でISO 409,600とこちらも2倍増えています。
動画撮影についても性能は向上しています。D4sから60p撮影が行えるようになりました。
そして、IEEE802.3ab(ギガビット有線LAN)にも対応しました。(IEEE802.11a/b/g/n/acなどのWi-Fiや、NFC、Bluetoothなどによる写真の転送には対応していませんが、別売りのワイヤレストランスミッター WT-5を利用することでWi-Fi転送が利用出来ます。)

さらにオートフォーカスがより高速化しており、「グループエリアAF」が新たに追加されました。

尚、発売は2014年3月06日を予定しており、価格はニコンダイレクトで648,000円となっています。

 

LINK:Nikonイメージング
LINK:Nikon D4s 
LINK:Nikonダイレクト D4s 

 

 

Nikon、フラグシップ一眼レフカメラ「D4s」を2月25日に発表か。

Nikon-D4s-DSLR-camera

 

 

Nikon Rumorsによると、ニコンはD4sを2月25日より発表するかもしれないということです。

 

Nikon-D4s-in-Reponses-Photo-magazine

(フランスの雑誌から)

 

Nikon D4sは、D4と比べてイメージセンサーがより進化し、画素数が増えたという噂があります。
しかし噂なので確定事項ではありませんが、恐らく画素数は向上するものと思われます。

 

 

Nikon-D4s-camera-UK-pricing

 

価格については、イギリスのMPB Photographicが掲載している物だと£5995.00となるので日本円換算で1,023,842円になります。
ただ、イギリスから輸入するものでもないので、日本用価格は提示するはずです。

 

また、Nikon Rumorsに寄せられたコメントに管理者が返信をしている内容を確認すると、XQD 2.0対応の発表もあるのでは?と疑っているようです。
XQD 2.0は、最大8Gbps(毎秒1GB)のデータ転送が行える新規格の事で、現在使用されているコンパクトフラッシュ UDMA7の166.6Mbps(毎秒約20MB)と比較すると50倍以上も高速な規格となります。 

現在、SONYが発売しているXQDカードは最大180Mbps(毎秒22.5MB)の転送速度に対応しています。(2.0規格ではありません)

 

 

 

 ※当記事では、Nikon Rumorsの画像を使用しています。/All images from Nikon Rumors for this article.

LINK : Nikon Rumors – Nikon D4s camera to be announced on February 25th

LINK : MPB Photographic – Nikon D4s