Nikon D750を購入した。

SLR_0289

デジタル一眼レフカメラを新調しようと考え、Nikon D750を購入しました。
今回は、AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRレンズもセットのレンズキットを選んでみました。

 

SLR_0305

初めてのFXフォーマット(フルサイズ)機の購入で、色々迷った結果バランスと最新機能を備えているNikon D750がいいかも?と思いD750を選択しています。
Nikon D610やNikon D810、Canon  EOS 7D Mark Ⅱも候補には挙がりましたが、いろいろ検討した結果D750でした。

 

SLR_0311

今までメインで使ってきたNikon D300はCFカードスロット1つでしたが、D750はSDカードスロットが2枚刺さるようになっています。

 

SLR_0297

SDXC UHS-Iに対応しているのですが、SDHC規格のSanDiskのExtreme PLUSシリーズを購入。
一番高速なタイプではありませんが、1枚4000円程度で販売されていたので2枚購入。
2枚同時に利用出来るので、ひとまずRAWとJPEGの2種類の記録で分けてみようと思います。

 

SLR_0315

キットレンズのAF-S NIKKO 28-120mm f/4G ED VRレンズをD750にセットしてみた様子。
結構大きいレンズなので、バッテリーグリップを付けていない状態だとレンズフードのサイズもあってカメラが少し浮いてしまいます。 
バッテリーグリップを付けると重くなるのと、D300のような性能の変化※が無いようなのでバッテリーグリップの購入は検討中。

※=Nikon D300はバッテリーグリップを付けることで連写性能が向上した。

 

 

SLR_0316

買ったばかりでまだ部屋で試し撮影した程度なので映り具合などはまだ解らない。
早速試しに出掛けようと思います。

 

モノコックボディーで安っぽいとか言われている機種ではあるけど、触ってみた感じ普通。
Nikon D5300のようなエントリークラスと比較すると、圧倒的な上級感はあるものの、Nikon D300と比較すると安っぽくなったかな?と思うような部分はちょっと感じた。
カメラ左上のダイヤルにQUALITY、WB、ISOのボタンがあって、それを押しダイヤルを回すことで調整が出来たNikon D300と比べると操作性は悪くなっていると思ったけど、これも慣れだと思ってます。
Nikon D750は液晶横のボタンを押しながらダイヤル操作でISOなどを切替出来るので慣れるまで時間が掛かりそう。

 

Nikon D750の紹介でした。 

 

Apple MacBook Pro 13 Retinaで使える互換ACアダプターを購入してみた。

ThinkPad X201s and MacBook Pro 13

Lenovo ThinkPad X201sが壊れかけてからというものの、Apple MacBook Pro 13 Retina Display Model (Late 2013)に乗り換えまして、毎日快適に使っています。
Windowsからの乗換も、大きな問題は無くMac OS Xの使い勝手は結構良いのを実感しています。
勿論、Windows環境も手放せないので、 Parallels Desktop 9 for Macを購入してMac上でWindowsも使用出来るようにしています。

 

それはさておき。
ThinkPad用のACアダプター、実は3つくらい持っていました。
今後もThinkPadを使うというつもりだったからです。しかし、MacBookを買ってしまったので予備ACアダプターが無いんです。
純正品は高いので、今回は互換品を探したところAmazonで良さそうな物を見つけました。

 

※記事を書いている段階では在庫切れになってしまっています。

image

海援隊という出品者から購入しました。
Apple MagSafe 2規格対応の、60WACアダプターです。
製品にはAppleのロゴはありませんので、誰でも純正品と見間違える事もないです。

個体サイズは、純正と同じくらいです。純正のようにコードを束ねるアレもあります。

 

image

純正品ではないので、勿論安全性に問題があるかもしれません。
しかし、価格が純正の3分の1程度であることを考えると互換品に手を出せずにはいられません。
保証もあるみたいなので、充電器が壊れても対応してくれそうです。

 

 

ちゃんと充電出来るのか

image

Amazonのレビューを見ると、MacBook Airで使っている方が多かったので、MacBook Pro 13 Retinaで使えるかちょっと不安でしたが、今の所ちゃんと使えています。

ケーブルは純正の物より使い勝手が良い感じです。ケーブルは純正のような”ざらざら”した感じが無いので、汚れにくそうな印象です。

 

 

 

純正品がもう少し安かったらな。

Screen Shot 2014-08-11 at 2.19.30 PM

この記事を執筆した時点でのAppleStore(オンライン)価格ですが、Apple 60W MagSafe 2電源アダプター 60Wは、7,800円もします。
充電器なんて消耗品みたいなものなので、もう少し安くして欲しいですね。

 

 

Google Nexus 7 32GBが届いた。

_SLR9626

今更紹介するほどの物でもありませんが、Googleの7インチタブレット、Nexus 7の2013年モデルが届きました。
先日の@nitfyでのWiMAX 2+ルーター購入時のセットで購入したものです。

 

 

_SLR9628

2012年モデルのNexus 7は持っていましたが、最近は全く使っていませんでした。
新しいNexus 7も、とりあえず使い道が無いので何か使えないか模索しているところです。

 

 

au LG isai LGL22を購入。

_SLR8786

auが発売しているLGのisai(LGL22)という機種を購入してみました。
isaiはグローバルモデルではないので、au以外では発売されていない機種です。
2013年11月のモデルですが、今回安かったので買ってみました。 

 

 

_SLR8780

スクリーンサイズは5.2インチ。
フルHD解像度のディスプレイ、IPX5/IPX7の防水、本体記憶容量32GBを搭載しており、Androidバージョンは4.2、 2.3GHzのクアッドコアCPU、2GBのRAMを搭載しています。 

 

_SLR8788

購入したブラックモデルはピアノのような仕上げで指紋などが目立つ仕様です。
バックパネルは取り外し難いです。

 

 

_SLR8796

バッテリーは脱着式ではありません。
バックパネルを外して操作できるのはnanoSIMカードの交換だけです。
このシートをはがさないでください 。と書かれた部分を剥がすとバッテリーが出てきそうですが、剥がすことで防水機能に問題が発生しそうなので剥がさない方が良さそうです。

 

_SLR8799

nanoSIMカードはトレイに入れてセットします。
iPhoneのようにピンを使う必要はありません。

 

_SLR8800

付属品はイヤフォンと説明書類だけです。 
microSDやACアダプタ、microUSBケーブルなどは付属しません。

 

_SLR8805

 

auのLTEネットワークは快適な感じです。
自宅では15MHz来ていたはずですが、速度は40Mbps程度でした。
現在OCNモバイルONEの回線(1日50MB)しか持ってないのでWi-Fiルーターとして使おうと思います。 

 

大容量13,000mAhを搭載するANKERのモバイルバッテリー、「Astro M3」をレビュー

DSC00157

ANKER社のモバイルバッテリー、「Astro M3」を購入したので紹介します。
価格はAmazon.co.jpで2,980円でした。(購入当時)

 

DSC00140

この製品は、スマートフォンやタブレットを充電する為のバッテリーで、13,000mAhの容量があるタイプです。
ANKERによると、大抵のスマートフォンは6回くらい充電できるそうです。

 

DSC00160

1A出力と、2.1A出力があり、その間にmicroUSBによる充電端子があります。
スマートフォンなどを二台接続すれば二台同時に充電することも出来ます。
ここにmicroUSBケーブルを挿してこのバッテリーを充電することが出来ます。

 

DSC00148

 

LEDライトも付いています。そんなに明るくはありませんが、バッグの中を照らしたりするのに結構重宝するかもしれません。
個人的にはiPhoneのLEDライトを使う事が多く、このLEDライトを使う機会は殆ど無いと思いました。

 

DSC00151

パッケージ内容は、製品本体、USBケーブル、ACアダプタ(5V / 2,000mAh)、ケースです。

 

DSC00146

製品のバッテリー容量は電池のボタンを押すことで確認できます。
インジケーターの長さで判断をします。購入して届いた状態で上の写真の状態だったので、ほぼ満タンであると言うことが解ります。
LEDライトはこのボタンを二回押すと確認できます。

 

ちなみに本体の充電には9時間かかるみたいです。
これはバッテリーをどれだけ使ったかによりますが、空っぽになった場合はそれくらいの充電時間を確保できるようにしましょう。
翌日に旅行などを控えているのであれば、なおさらですね。

 

13,000mAhも必要無いという方は、5,200mAh、7,800mAhの製品もあります。
ANKERのモバイルバッテリーはAnker E3から使っていますが、かなり良いと思います。

私は、電源が確保できるか解らない旅行をする事がたまにあるので、そのために2つ買っておきました。
ANKERはサポートも評判が良く、 製品には18ヶ月の保証が付くようで安心です。

 

 

 

M1が5,200mAh
M2が7,800mAh
M3が13,000mAhとなります。

M1はUSBポートが1つのみ。
M2/M3はUSBポートが2つあります。

ANKERのUSB急速充電「AK-71AN25W-W5JA」レビュー

DSC00164

ANKERのUSB急速充電機「AK-71AN25W-W5JA」が届いたので紹介します。
これは、USBポートを5個兼ね備えたUSB対応製品の充電機です。

DSC00168

 USBポートが5ポートあります。
スマートフォンなどを最大で5台同時に充電できるというものです。

 

DSC00170

付属するケーブルはちょっと長いのですが、持ち運ばないのであれば問題ないでしょう。
このケーブルを持ち歩くのは、ちょっとかさばりそうですね。

 

DSC00169

 製品への電源供給は「メガネ型」と呼ばれるケーブルで汎用性のあるものです。
なので、次の製品を使うことが出来ます。

DSC00175

すると、こうなります。
短くて良い場合はこれで便利だと思います。

 

 

これも結構お勧めです。これを使うことで、もう少し便利になります。

DSC00176

 

これを使うと旅先のホテルなどで使う際、コンセント一つ使うだけでUSB機器を最大5台、それに加えてコンセントが3つ出来るので、パソコンやカメラなどの機器を充電することがでいます。
この製品に上で紹介したメガネ型の小型アダプタを使うのもアリですね。

 

DSC00174

 

製品をiPhone 5sと比較してみました。
サイズはこんな感じです。旅行に持ち運ぶのにも問題ないでしょう。
ただ、毎日持ち運ぶのであれば、バッファローの「BSMPBAC02」のほうがコンパクトで良いかもしれません(4ポートですがコンセントが本体から出てきます) 

 

 

 

      

 

 

 

 

Apple MacBook Pro 13 Retina Display Model(Late 2013)を買いました。

Apple Store

いろんな理由から、MacBook Pro 13を買いました。
昨日はBlackFridayだったので、対象となる製品の購入者に$150のAppleStoreギフトカードが貰えるということもあり、買う日をこの日に合わせてみました。

 

Apple Store20131129

朝から並んでいたため、先頭で入店できました。
MacBook Proを買うことは決めていたので、ストアの店員さんにその旨を伝え購入しました。

 

MacBookPro13-Retina-2013-01

さて、これが購入したMacBook Pro 13と、キャンペーンで貰った$150のAppleStoreギフトカードです。このギフトカードは今日使う必要が無いので、また今度周辺機器などを買うのに使うつもりです。
(後日、USB3.0対応の外付けHDD 4TBを購入しました。)

MacBookPro13-Retina-2013-02
箱を開けるといきなりMacBook Proが出てきました。このあたりの感じは、iPhoneやiPadでも似たような形態なので、Appleっぽいなと思いました。

 

MacBookPro13-Retina-2013-03

付属品は、解りやすくまとめられていました。
iPad用のアダプタに似ている正方形の白いものがACアダプタです。これ、前から気になっていたんですよね。右に入っているケーブルは遠くのコンセントから使えるようにする延長ケーブルのようなものです。ACアダプタに付いているプラグアダプタを外して差し替えて使います。

MCBPR

早速本体を取り出しました。
このアルミ削り出しの本体はiPad(1~4)までの感触に似ていて良いです。気に入りました。

MacBookPro13-Retina-2013-05

さて、MacBook Proを購入したのには色々訳があって一番大きな理由はパソコンの買い換えが必要な時期に来ていたから。というのがあります。

ThinkPad X201sをこれまで使ってきましたが、数時間おきに熱暴走を起こしてしまう問題が最近になって発生しました。それから、グラフィック関係の処理をすることが多いので、そろそろMacに切り替えるべきなのかな、と思うようになりました。
Appleなら保証も世界中のAppleStoreで受けることが出来るし、これは購入する理由の大きなポイントになりました。

ということで、これから使っていきたいと思います。
詳しいレビューはまたいずれ記事にします。

 

購入したモデルは、ME867LL/Aですが、日本で販売されている同様の物はME865J/Aとなります。多分キーボードが異なるだけです。

  

  

上記は紹介している13インチモデルです。