ThinkPad USB Keyboard with TrackPointをMacBook Proで使う時の設定と使い方。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

 

Macbook Pro ThinkPad USB Keyboard

 
MacとWindowsでは基本キーこそ同じ物の、細かなキーは共通化されていません。
例えば、CommandキーはWindowsにありません。また、WindowsキーはMacに搭載されていません。
この他にも色々と異なるキーが搭載されているため、Windows用のキーボードをMacで使うのは色々と面倒です。
 
しかし、ThinkPad USB Keyboardがお気に入りで手放したくない私としては、是非MacBook ProでThinkPad USB Keyboard with TrackPointを使いたいので、色々と調べたり自分で試したりしたので、その備忘録としてブログに書いておきたいと思います。
 
 
ThinkPad USB Keyboard with TrackPointをMacBook Proに接続した所、あっさり使えるようになりました。
特別なドライバやソフトウェアのインストールをすることなく、使えます。しかし、完璧ではありません。
 

LINK : Mac で ThinikPad USB トラックポイントキーボードを使う – Qiita

今回の記事では、上記のサイトを一部参考にさせていただきました。

 

Screen Shot 2014-05-13 at 3.45.31 AM

まずは、キーボードの設定を開きます。
キーボードの選択項目を、 ThinkPad USB Keyboard with TrackPointにしておきます。
その下にある項目はこのままにしておきます。(好みで変更してOKです)

 

Screen Shot 2014-05-13 at 3.46.25 AM

つづいて「KeyRemap4MacBook」をインストールしましょう。

 

Screen Shot 2014-05-13 at 3.49.51 AM

KeyRemap4MacBookを起動したら、検索バーにmiddleと入力し、右にあるshow enabled onlyにチェックを入れます。
すると、1つだけ項目が表示されると思います。MiddleClick + CursorMove to SchrollWheelであればチェックしてください。

これで、ThinkPad USB Keyboard with TrackPoint(以下ThinkPadキーボード)の右クリック・左クリックボタンの中間にあるボタンと、トラックポイントを上下左右させる操作で、スクロールが出来るようになりました。

 

 

ここからは応用編?です。
よりMacのキーボードに近い操作をするために必要な使い方の説明です。
私も試行錯誤しながら探してたので、他に良いキーがあるかもしれません。

 

 

 

Screen Shot 2014-05-13 at 4.13.39 AM

この状態にするには、Macではトラックパッドに指を4本置き、上にスワイプしたり、F3があるキーを押せば出来ますが、Windows用キーボードでは、Ctrlと↑キーでできます。

 

 

Screen Shot 2014-05-13 at 4.17.55 AM

トラックパッドに指を4本置き、左右にスワイプすることで切り替える事が出来たデスクトップですが、トラックポイントは4本もないので、Ctrlと←もしくは→キーを押すことで切替が出来ます。

 

 

他にも

 

アプリケーションの終了は、Windows + Q。
データの削除はWindowsキー + BackSpace。
ゴミ箱を空にする操作はShift + Windows+BackSpace。

コピーはWindows + C
ペーストはWindows + V
 

液晶照度の調節は、ScrLk/NmLk + Pause/Break。
表示されているウィンドウを端に避けるにはF11
ダッシュボードを表示させるにはF12

音量操作は標準のボリュームキーで操作できます。ミュートも同様です。
マイクミュートとThinkVantageキーは動きません。

 

個人的に困るのは、ローンチパッド(Launchpad)の展開方法が解りません。 
対策としては、Launchpad.appをDockの中に入れておくなどするか、ショートカットキーで呼び出せるようにするしかないかもしれません。面倒な感じがします。

 

基本的に、

Control → Ctrl 
Option → Alt
Command → Windows

 

に切り替わったことだけでも解れば大分使えます。 

 

ThinkPadキーボードは使い勝手が良いので大好きです。
私が使っていたThinkPad X201sのキーボードと同じ物ではありませんが、使い勝手に問題は無いと感じています。

Macのキーボードも良いのですが、ノートパソコン使うと画面がどうしても手前に来てしまうんですよね。
そのせいで視力が低下したので、適当な距離を空けるようにする為に自宅ではThinkPadキーボードを接続するようにしてみました。
これにより、MacBookと私の間に、ちょうど良い距離が生まれたので、目にも良さそうな気がします。
あと、ブログ書くときみたいな長文を入力する時にもThinkPadキーボードは疲れにくくていいです。
それから、入力していて楽しさが違う感じがします。どんどん入力できちゃいそうな気がしてきます。

 

そんなわけで、ThinkPadキーボードをMacで使う時の設定と、各種キーの説明でした。

快適に使えるようになるには慣れが必要ですが、私は初めて設定してから2時間くらいで結構慣れた気がします。
でも、ちょっと不便な面もあるので、途中から戻しちゃうかもです。

 

 

コメントを残す