SONY DSC-HX400Vを購入した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

_SLR9813

SONYのデジカメ、DSC-HX400Vを購入しました。
いわゆるネオ一眼と呼ばれるタイプの物で、レンズ交換式ではないけど一眼レフカメラみたいな見た目のカメラです。
この手の機種は、いろいろと発売されており、高倍率のズームなどが大きな特徴とされている部類のカメラとして位置付けされているように思います。

今回は、 CASIO EX-P505以来のネオ一眼となるSONY DSC-HX400Vを購入したので紹介します。
ちなみにCASIO EX-P505は、2005年に発売された物で500万画素&動画撮影機能がある物でした。ネオ一眼に含まれるのかはよく分かりません。

 

主な性能

_SLR9815

主なスペックは、2,040万画素の裏面照射型CMOSセンサー(Exmor R)搭載の、光学50倍のズームが出来るデジカメです。
Wi-FiとNFCにも対応し、画像処理エンジンにはBIONZ Xを搭載しています。

 

 

サイズ感はどうか

SONY DSC-HX400V

コンパクトデジタルカメラと比較すると、大きくて重いです。
ですが、私が使っているデジタル一眼レフカメラ Nikon D300と比較すると、小さくて軽くて安っぽいです。
価格も5万円程度と低価格ですが、非常に良く出来ているカメラかもしれません。

 

 

レンズ

_SLR9820

レンズには、ZEISS(カール・ツァイス)レンズを採用しています。
SONYのGレンズと比べると、映りにどれほどの差があるか気になるところです。

 

嬉しい機能

_SLR9825

嬉しいことにNFCとWi-Fiに対応しています。
スマートフォンなどに写真を転送するのが楽々です。
特にNFC対応機種はかざすだけで設定が終わります。アプリのインストールは別途必要です。
_SLR9822

この機種を購入した理由として、「Wi-Fi」「NFC」「microUSB充電」があり、「GPS」「光学50倍ズーム」「バリアングル液晶」がそれに続きます。

スマートフォンに転送するのが簡単なので、凄く便利そうです。
モバイルバッテリーから給電(バッテリー外したら動かない)/充電が出来るので、専用の充電器が不要なのもとても良く、ケーブルがmicroUSBという汎用品なのが気に入りました。
専用ケーブルを採用しないあたり、SONYも変わってきているのかなあと思います。

 

_SLR9826

MOVIEボタンがあるので、スグに動画を撮影できます。
動画は、AVCHDの24fps/60fpsのいずれかを選べます。24fpsはプログレッシブのみで、60fpsはインターレースにも対応します。
ビットレートは、最大28Mbps(60p選択時)で撮影することが出来ます。
28Mbpsの60pの設定で、2GBのSDカードを入れると動画が9分程度撮影できるそうです。

 

_SLR9828
「ネオ一眼」の売りである高倍率ズームについてですが、このDSC-HX400Vは光学50倍のズームに対応しています。
アスペクト比が4:3の時、35mm換算で24mm〜1,200mm相当の画角で撮影できます。f値は2.8〜6.3です。

 

ファインダーは使いにくい

image

この写真は、iPhone 5sにファインダーを覗かせて見た様子です。
肉眼ではもう少し明るくは見えていますが、解像度が低いのが写真でも見て取れるかと思います。
液晶モニターが見える場所では液晶モニターを使って撮影するので、あんまり気にしてはいないんですが、それにしてもイマイチなポイントです。
ファインダーに期待すると酷い目に遭いそうです。

 

 

メニュー画面はαスタイルを取り入れている

image

メニュー画面はαシリーズの物を取り入れているらしいです。
なので旧型のDSC-HX300とは違うメニュー画面みたいです。色々調べてみたところ、YouTubeで解説している方がいたので、参考までに貼っておきます。

 

Video by TheDigitalDigest

付属品 

_SLR9831

 

付属品は少ないです。
55mmのSONYレンズキャップ、microUSBケーブル、USB ACアダプタ、カメラストラップ、各種説明書などのみです。
本体に収納しているのでバッテリーの写真はありませんが、バッテリーも1つ付属しています。
アクセサリーシューキャップは装着済みでした。

 

 

 

拡張性

Screen Shot 2014-08-20 at 11.02.48 PM

アクセサリーシューに対応しているので、外付けのストロボやビデオライト、マイクなどが装着できます。
より本格的に写真・動画を始めるのには良さそうです。

 

 

ズーム時のピントもしっかり

DSC00024

ズームを使い遠くから撮影した1枚。加工はトリミングのみです。
オート設定で撮影したものですが、ピントがしっかりと合っています。航空機撮影とかにも使えそうです。

 

 

高倍率レンズは使い勝手が良い

DSC00048

35mm換算で、24mm〜1,200mm(4:3時)なので、レンズ交換せずに広角撮影をしたあとに、

 

 

DSC00063

一気に寄る事も出来ます。一眼の高倍率レンズでも、24mm〜1,200mmなんてできるレンズは存在しないんじゃないでしょうか。
色んなシーンで気軽に撮影できるのが最大のメリットです。

 

 

最後に

SONY DSC-HX400V

コンパクトとは言い難いですが、それでも一眼レフカメラに比べるとコンパクトで手軽なので、撮影がメインではないちょっとした旅行や、普段使いに良く使えそうなカメラでした。

 

 

リンク

 

LINK : SONY 製品情報 サイバーショット DSC-HX400V 仕様

LINK : SONY 製品情報 サイバーショット DSC-HX400V 特徴

 

            

 

 

撮影サンプル

最後にオート設定で撮影した作例を4枚掲載します。
クリックすることで、flickrからオリジナル解像度で表示することが出来るので画質の参考までにどうぞ。

DSC00043

 

DSC00033

 

DSC00029

 

作例は全てアスペクト比 4:3、20M、自動設定で撮影した物です。

コメントを残す