Lenovo ThinkPad Bluetooth Keyboardが届いた。

image

先日注文していた、Lenovo ThinkPad Bluetooth キーボードがようやく手元に届いた。
Android端末であれば、マウスカーソルも使えるので、ポインティングデバイスが内蔵されているBluetoothキーボードは非常に使い勝手が良い。ThinkPad Bluetoothキーボードは、トラックポイントを内蔵しているおそらく唯一のBluetoothキーボードである。

このキーボードが発売されたのは、今から3年ほど前になるので今更紹介するのも面白くないので、詳しい紹介は控えるがが使い勝手はとにかく良い感じだ。

Nexus 6で使用しているが、キーピッチといい動作状態といい今のところかなり満足している。Android端末でサクサク文章の入力が出来て、入力した感じもかなり良い感じと言える。

今更買うのもちょっと遅いが、トラックポイント付きのBluetoothキーボードをお探しの方は候補にしても良いと思った。

尚、このキーボードはF1~F12キーがメディアファンクションに割り当ている。
そのため、日本語入力中にF7を押すと私の環境ではGoogle Play Musicが起動した。Fnキーとの同時にF7を押すことでF7キーの本来の機能が動いた。

また、Google Nexus 6(Android 6.0)で試した結果、マルチメディアキーは次のように動作した。

F1 = ミュート(キーの通り)
F2 = 音量ダウン(キーの通り)
F3 = 音量アップ(キーの通り)
F4 = 動作せず(マイク)
F5 = 画面明度ダウン(キーの通り)
F6 = 画面明度アップ(キーの通り)
F7 = Google Play Music (プロジェクター?)
F8 = 動作せず(ワイヤレス)
F9 = 動作せず(設定)
F10 = 動作せず(検索)
F11 = 動作せず(?)
F12 = 動作せず(?)

インストールしているアプリによって起動するアプリが異なることはあると思うが、私の環境ではこんな感じで動作した。

使い勝手はかなり良好。
これは、とても良く出来たキーボードだと思った。
持ち運びにはちょっと大きいサイズではありますが、持ち運んで使いたいと思う。

ちなみに、iPhone/iPadでも利用できるはずですがマウスポインタはiOS上では利用できないので、トラックポイントは動作しない。iOSで使おうと思っている人は注意。

YAMADA SIM PLUS (FREETEL)使い放題プランの現在のところの使用感について

 

Screen Shot 2016 02 10 at 3 16 12 PM

YAMADA SIM PLUSの使い放題プランを使ってみた感想を箇条書きで書いてみたのでご紹介。

 

  • 通信速度は上下ともに3Mbpsに制限されてる様子(3Mbps以上はまず出ない)
  • 3Gに切り替えても通信速度はさほど変わらず
  • 時間帯によって通信速度の差はあまり無い
  • 通信速度の初速ブースト機能はなさそう
  • パソコンやスマートフォンでWebサイトの閲覧なら問題なし
  • YouTube動画再生は普通にできたが、画質が高いと厳しい
  • YouTubeは720P 60fps程度なら割と再生できた
  • Google Play Musicは高音質設定で、最初の再生でもたつくがそれ以降は止まることなく再生可能。瞬時に40Mbps以上の通信速度をマークすることもあった。
  • TVer、Ameba FRESH!などのビデオストリーミングサービスは、画質設定にもよるが、中画質程度であれば問題なく再生できた。外出先での時間つぶしに最適。
  • 今の所大きな問題はない。

 

以上2/8~2/10にかけての使用感です。 上記は記事執筆当時のもので今後大きく変わる可能性はあります。
それと電波や通信状態により悪化する可能性があります。 

 

Screen Shot 2016 02 10 at 3 21 06 PM

料金的にも微妙なので、契約されるかたはよく考えてみてください。

YAMADA SIM PLUS、速度は上下3Mbpsが上限か。

1628.PNG

本日、ヤマダ電機で購入してきた「YAMADA SIM PLUS」を半日試してみました。
複数回に及ぶ通信速度テストの結果、すべて3Mbps以下であったことから上下とも3Mbpsに制限をしている可能性が浮上しました。

まだ加入者はそう多くないと思われますが、通信速度が3Mbpsを超えないというのは実質的に「3Mbps使い放題」であるとみてよさそうです。

開通後、数時間のうちに900MBほど通信をしていますが、今のところは通信速度が大幅に低下するような事はありませんでした。

 

LINK : YAMADA SIM PLUS公式サイト

LINK : YAMADA SIM PLUSを試す。FREETEL回線で使い放題プラン。- Arakawa’s Blog

YAMADA SIM PLUSを試す。FREETEL回線で使い放題プラン。

image

FREETELと提携した回線を使ったYAMADA SIM PLUSを買ってみました。
SIMパッケージは3,000円+税で、ヤマダ電機店頭にて購入できます。

image

APNはFREETELのもの。
設定すると使えます。

image

午後3時55分に、人の多い某空港の駅で通信速度を測ってみました。
上下3Mbps程度の通信速度で、ぷららモバイルLTEの3Mbps使い放題を思い出しました。

image

image

Android版のYouTubeアプリで、1080p動画を再生してみました。
たまに止まるものの、720pに落とせば割と円滑に再生できました。
今のところ、YouTubeの再生制限は行ってないように思います。

今回のYAMADA SIM PLUSは、1GBや5GBプランもありますが、使い放題プランも選べます。
毎月変更が出来るのと、利用金額に応じてヤマダポイントも貯まるので、ヤマダ電機をよく使う人にはお得かもしれません。
通信制限は無いと公式サイトに記述されており、内容を読む限り5GBプラン契約者が通信量を1日で使い切ることも出来るとしてます。

直近データ量制限は今のところ記述が無く、当社規定を超えると制限という曖昧な記述が利用規約にあるのみです。

しばらく様子を見ながら使ってることにします。レボートは
ブログに掲載する予定です。

Lenovo ThinkPad Bluetothキーボードを注文した。

460 0 0B47189 V1

[画像はLenovoショッピングから]

 

クーポンで少し安くなっていたので、前から欲しかったLenovo ThinkPad Bluetoothキーボードを今更ながら注文してみました。

2013年6月に発売されてからもう少しで3年が経過しようとしている製品を今更買ったのには理由があります。
3年経った今でもこれ以外の候補が現れなかったからです。

 

   

最近検討していたのはこの2つ。両方ともロジクール社製品です。
価格も量販店で4,000円程度で購入できたりと、結構安く買えるのとデザインが気に入ってしまい買おうと思ってました。
所が個人的にダメなポイントがいくつかありました。

まず、日本国内において正規流通の英語キーボード版が購入できないこと。
いいかげん日本語刻印と英字刻印の両方を販売してほしいものです。

それからポインティングデバイスが付いていないことです。
これはキーボード製品の多くにおいて普通付いていないので、文句を言うのも間違っている話ですがマウスを持ち歩くなんて事したくないので、トラックポイントやトラックパッドといったポインティングデバイス内蔵の製品が欲しいのです。

 

 

460 0 0B47189 V1

[画像はLenovoショッピングから]

そして結局行き着いたのが、Lenovo ThinkPad Bluetoothキーボード。日本語刻印と英字刻印から選べます。
価格はやっぱり高めですが、利便性を考えたら仕方ないと納得できます。
旧型のUSBタイプは今でも使ってますが、相変わらずお気に入りです。使用頻度はかなり減りまして、今では殆ど使ってませんが、自宅のPC環境を変えてWindowsメインに戻れば旧TPキーボード使うことになりそうです。

 

気になるのは納期で、注文から20日程度掛かるという表示でした。
今から注文して、届くのは月末。それも最短とのことで、もしかしたら今月中に手にできない可能性も出てきました。
到着したら、ご紹介する予定です。