日産の軽自動車 デイズルークスを購入した。

DZL

 

写真は購入したデイズルークス

 

先日の「日産のデイズルークスを購入。スーパーハイトワゴンとは?」という記事で触れた通り、日産のデイズルークスを購入しました。私の初めての自動車となりました。

日産のデイズルークスは、上記の4車種の中でも個人的に一番好きなデザインであったことと、日産の営業さんの対応がとても良かった事で購入に踏み切る結果となった。

グレードはXというもので、標準車両本体価格は1,377,000円。
いろいろオプションを装備した結果、車体総額は1,500,000円ほどに。
総支払い金額は約1,800,000円位となりました。

 

 

車を買った理由

特に”クルマ”を趣味としているわけでは無いけど、移動手段として必要になったから購入することにしました。
私が車に求める物は、実用性と経済性の2つであるので、燃費の良いハイブリッド車と軽自動車、電気自動車を検討していました。

電気自動車は電費(燃費)が非常に優れている事と、走行時の快適性から購入を半分決めていたけど、導入のコストが軽自動車のおよそ2倍になることと、今後の先行きがどうなるか不明瞭に思えたので今回は見送ることにしました。

残る軽自動車とハイブリッド車を比較した結果、最近人気のある「スーパーハイトワゴン」と呼ばれる軽自動車を購入することにした。広い車内は使い勝手が良く、ハイブリッドには敵わないものの燃費の良さが素晴らしく、後部座席にはスライド式のドアを備えるのも購入する大きな魅力となりました。

 

今後、車で遠出をしたりする機会が増えるかも、とちょっと楽しみ。

 

 

 

アラウンドビューモニターを装備

468828

画像ソースはここ

正直言うと必要はないんですが運転補助機能として便利な機能であることは間違い無いでしょう。
ただし、これが無いと駐車出来ないほどに依存してしまいたくない機能ですね。

ナビ画面に表示させる事も出来るようですが、ナビは付けなかったのでバックミラーに内蔵された画面で見ることになります。
Xグレードでは標準装備です。

 

 

 

リアシーリングファンも装備

nroo_03

画像ソースはここ

後部座席にエアコンが届かない場合もあるので、後ろに風を回すサーキュレーター的な物がついています。
これもXグレードでは標準装備です。 かなり実用的です。

 

 

 

なぜデイズルークスにしたのか

SHWK2

 

先ほど書いたように、似たり寄ったりなスーパーハイトワゴンの中でもデザインが個人的に好きだったという事が一つ、また日産の営業さんがとても親切な方だったということがあります。
どう親切だったかというと、初めての車を購入するという点で分からぬ点も多いところで色々教えてくれたり、比較している他社の車についても否定的な意見を出さなかった事が信頼に繋がりました。

試乗時に、ホンダのN BOXで感じていたアイドリングストップへの違和感も日産のデイズルークスでは感じる事が出来ず自然な動作をしていたのも良いと思いました。

エアコンがタッチパネルなので掃除がしやすかったり、小物を入れるようなスペースが多い、アラウンドビューモニター、リアシーリングファン、後部座席にサンシェードを内蔵、UVカットするガラス、リッター26kmという低燃費など、実用性を求める私には結構ぴったりなのではないかと思ったのも購入動機の一つでした。

 

最後の最後までホンダのN BOXと迷いましたが、結果的に日産にしました。

 

まだ購入したばかりで、このエントリーも納車したばかりの段階で執筆しています。
使い心地や、細かい部分についてはまた別のエントリーで紹介したいと思います。

 

ようやくOCNモバイルONEのAndroidアプリが6月25日から提供へ。iOS版は7月中旬予定。容量追加オプションも新たに提供開始へ。

1_1

画像は旧パッケージ

 

OCNモバイルONEは、今年の3月から発表していた専用のアプリをようやく公開すると発表しています。
この件に関しては、当ブログでも今年の3月末にエントリーを公開しています。
 

LINK : NTTコミュニケーションズ、OCNモバイルONEで使用した通信量がわかるAndroid向けアプリをリリース。iOS版は4月末に提供予定。

 

Android版は4月1日より提供開始予定だったので、予定が約3ヶ月遅れるになります。
また、iOS版も、4月中旬提供予定から7月中旬提供予定ということで、3ヶ月遅れとなります。

 

20140328_3a

 

 

また、 新しく「容量追加オプション」の提供も6月25日より提供開始します。

「50MB/日プランと、80MB/日プランにおいて1日500円で高速通信が無制限で使える物」
「500kbps/7GBプランにおいて、0.5GB(500MB)の高速通信を500円で追加できる物」

の2種類の追加容量オプションが提供されます。

テザリングも対象のようなので、テザリングなどで大量に使いたい場合は1日500円支払って無制限通信を使うのも良いかもしれません。
同様のサービスは楽天のSIMで既に提供されているものにありましたよね。

1GB/2GB/7GB(500kbps)プランにおいては、追加した容量を3ヶ月後まで自動で繰り越しされます。
また、追加SIMにおいても同様に容量追加が可能ということです。 

この設定は専用アプリか、OCNモバイルONEのマイページから行えるようになります。

 

 

さらに、高速通信を制御する機能もアプリで提供されます。
これにより、低速でも構わない場合は低速通信を使い、高速に切り替えたい時だけ高速通信を利用することが出来ます。
そのため、50MBや80MBしか使えない中でも高速通信分を最大限有効に活用出来そうです。

 

 

 

LINK : 新機能で「OCN モバイル ONE」がさらに便利かつお得に楽しめる! 全5コースが対象、繰越しも可能になった「容量追加オプション」 高速通信のON/OFFでデータ容量を節約できる「ターボ機能」 データ利用量の確認やコース変更などができる「OCN モバイル ONE アプリ」/NTT Communications

結局、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11を契約した。

nad11_set

一度注文して、やっぱりやめて、また注文しました。色々考えた結果、やっぱりWiMAXが必要だと思ったのです。

 

 

Screen Shot 2014-06-12 at 2.27.30 PM

一番のネックは、2年契約とういう点です。
解約料金は、タブレットもセットにした場合、登録月〜12ヶ月目までは24,000円の契約解除料が発生するというのも気になります。
しかし、セットになるタブレットはGoogle Nexus 7のWi-Fiモデル 32GBです。

 

Screen Shot 2014-06-22 at 10.33.17 PM
実は、Google Play Storeで購入した場合34,765円するデバイスなのです。
なので、契約してスグに解約しても、端末は回収されるわけじゃないので、初月の手数料や手間を考えてても別に損はしないのかな、とも思えたので「やっぱり使い物にならない」となれば即解約するつもりで契約。

 

 

今月は、HWD14のTry WiMAXが24日頃まで使えるので、返却して数日空けた翌月の頭に到着するように手配してもらいました。
WiMAX 2+エリアではやく使ってみたいところです。 

 

 

 

関連リンク

LINK : Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11仕様 / NECアクセステクニカ

LINK : WiMAX 2+のエリアマップが更新されていた。(2014/06/20)/Arakawa’s Blog 

LINK : Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11の注文を取り消した/Arakawa’s Blog

LINK : Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11を契約した。/Arakawa’s Blog

T-Mobile USがOOKLA Speedtest.netアプリは通信速度制限の対象外に?

T-Mobile Store

 
TmoNewsによると、T-Mobile USは低価格なデータ通信無制限ではないプランの契約者の回線において、一定の通信量を超えて通信速度が制限された後でも、OOKLA Speedtestアプリは制限が解除されて高速通信のスピードを確認できるようにし始めたそうです。

これにより、通信速度制限が掛かっている状態においても自分のネットワークの高速通信を確認できるということです。

対象となるのはOOKLAのSpeedtest.netアプリのみのようで、その他のアプリについては不明です。

この件は、T-Mobileからの正式な発表ではありませんが、これに対し一部のユーザーからは「ベンチマーク結果を良くするだけのチートだ」と非難する声もあります。

T-MobileはiTunes Radioを無制限で使えるようにする事も発表しており、データ通信ではあるがその制限の中に外すアプリやサービスを今後増やしていくのかも知れません。

 

LINK : OOKLA Speedtest App being removed from throttling? / TmoNews

 

WiMAX 2+のエリアマップが更新されていた。(2014/06/20)

Screen Shot 2014-06-20 at 1.40.43 AM

 
何気なく、UQ WiMAXのエリアのページを開いたらマップが更新されていた。
内容としては、「2014年10月末までに拡大予定のWiMAX 2+エリア」と、「2015年1月末までに拡大予定のWiMAX 2+エリア」が表示されたというもの。
 
先日、当ブログの記事で「とりあえず、WiMAX 2+の8月末までのエリアと、9月末までのエリアくらいまでに自宅が含まれたら購入しようかと思います。」と言っていたのですが、少し期待が持てそうです。
 

Screen Shot 2014-06-20 at 1.40.56 AM

ちなみに、成田空港周辺のエリアだと、成田空港は10月末までに拡大予定のエリアに含まれている事が解ります。
その他の周辺地域だと2015年1月末までのエリアになっているエリアが多いので、成田空港や成田山周辺は優先されていることがわかります。
 
 
今後のエリア発展が楽しみです。
 
また、これで明確になったので今回のWiMAX 2+ルーター購入延期は正解だったかもと思いました。

 
 
 

LINK : UQ WiMAX

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11の注文を取り消した

バッテリー60%でも満タンに見えるような感じするけど、どっちが間違ってるのかな。HWD14良くない

画像はHWD14

先日、UQ WiMAX 2+に対応するWi-Fi WALKER WiMAX 2+  NAD11を注文しましたが本日注文を取り消しました。
Try WiMAXでHWD14を借りた結果、考え直すことにしたのでキャンセルをした次第です。

下記の内容は、私が個人的につかうエリアでの話をしています。
なので、全てのエリアの人に当てはまる内容ではありません。

WiMAXのエリアが広がってなかった

バッテリー60%でも満タンに見えるような感じするけど、どっちが間違ってるのかな。HWD14良くない

今から遡ること1年半前まで、WM3600Rを使っていました。URoad-8000も使ってました。
あの頃の電波状況と比較して、明らかなエリアの拡大が全く感じられなかったという点があります。
頻度に使うレストラン、自宅、移動中の車内での接続についてHWD14だからこその受信感度の悪さが影響している可能性も否めないんですが、それでもエリアは広がっていないと判断できました。

WiMAX 2+エリアになるのはいつの日か

私の自宅、基本的な行動範囲はWiMAX 2+のエリアでない場所が半分以上を占めます。
WiMAX 2+端末を使っているからといって通常のWiMAX料金に追加で課金されることはありませんが、せっかくのWiMAX 2+対応ルーターでWiMAX 2+を利用出来ないのでは2年契約をしてまで使うメリットはあまり無いように思います。

 

WiMAXのメリットがWiMAX 2+で消えつつある

当所、WiMAXは2年縛りもデータ量制限も無い、40Mbpsの高速モバイルインターネットを売りにしていたと思うんですが、それがいまでは2年契約があたりまえ。さらにWiMAX 2+通信には7GBデータ量制限の様なものが、掛かろうとしています。

当所の趣旨と大分変わってしまったなーというのがかなり残念です。
もちろん、やむを得ない部分はありますし、設備投資を考えると、使ってくれるユーザーが居ない事には存続が出来ないという事実だって誰でも理解できる事ではありますが。

とりあえず、今のところWiMAX 2+を契約して2年間は無制限で使えることにはなっています。
ですがその後はどうなるか今の所不明です。

結局、様子を見る事にした

Screen Shot 2014-06-14 at 10.12.29 PM

とりあえず、WiMAX 2+の8月末までのエリアと、9月末までのエリアくらいまでに自宅が含まれたら購入しようかと思います。
よく使う成田国際空港がWiMAX 2+でカバーされるまでは様子を見ようと思いました。
また、データ通信量も7GB制限などが付くのであれば、また考える必要がありそうです。

今の所、OCNモバイルONE(50MB/日)と、auのスマートフォン(7GB/月)で使っていますが、結構足りそうな感じなのでルータ買わなくても行けるんじゃないかとも思っています。
無制限な通信も出来れば使いたいし、WiMAXはThinkPad X201sに内蔵されたWiMAXモジュールを使って接続していたり、個人的には親しみのある通信規格なので、出来れば使いたいのですがやっぱりエリアは満足できないですね。

WiMAXを契約してたとき、十分に活用出来ていなかった感じはあったので、今回は一度 契約を止めることにして
WiMAX 2+のエリアに自宅周辺が含まれてから再度検討をするような方向でとりあえず保留することにします。

 

 

■追記■2014/08/08

結局、7月の頭にNAD11を使い始めることになりましたがHWD14に比べて受信感度がいいのでその点は気に入っていますが、いずれにしてもWiMAXってイマイチですね。

HUAWEI HWD14でWiMAXとau LTEの通信速度を成田空港で比べてみた。

 

HWD14-2

 

先日、UQコミュニケーションズのWiMAX 2+サービスに対応するNECアクセステクニカ製のWi-Fiルーター「NAD11」が発表あされ、私も注文しましたが、NAD11を注文する前日にTry WiMAXでHWD14を注文していました。

そのHWD14が届いたので軽いレビューと、各モードの通信速度比較を紹介します。

HWD14は、WiMAX(ノーリミットモード)、WiMAX2+(ハイスピード)、au 4G LTE(ハイスピードプラスエリア) が利用出来ます。
ハイスピードプラスエリアに関しては、7GBのデータ量制限があります。WiMAX 2+も今後通信データ量制限を始めるみたいですが、今の所対応するエリアが狭いのと、今の時点では無制限ということになっています。

 

 

 

HWD14の外観

HWD14-1

HWD14-3

タッチパネルディスプレイが搭載されており、スマートフォンのように操作が可能です。
このルーター単体でネットを見たりすることは出来ませんが、設定の確認やモードの切り替えなどが出来るので便利です。
画面は写真を見たりするものではないので、安っぽい液晶ディスプレイが使われている印象です。

qiによる無接点充電対応は嬉しい機能かもしれません。
試しにqiの充電器を使って充電した所、反応は遅いですが充電出来ました。

ちなみに、Try WiMAXで借りている製品なので、SIMカードスロットに封があります。
 

 

スピードテスト

今回は価格.comのスピードテストを使いました。
http://kakaku.com/bb/speed.aspからスピードテストが出来ます。

使用したのは、MacBook Pro 13と、HWD14です。
接続はWi-FiではなくUSBケーブルを使っています。

 

 

成田国際空港
第一旅客ターミナルビル 北ウィングミーティングポイント周辺

Screen Shot 2014-06-14 at 1.34.46 PM

WiMAX

 

Screen Shot 2014-06-14 at 1.30.00 PM

au LTE

成田国際空港は、この記事の執筆時点でWiMAX 2+に対応していません。
そのため、WiMAX 2+への接続は出来ませんでしたのでスピードテストが出来ていません。

上記の結果を見る限り、WiMAXがいかに遅いかが解ります。auのLTEは高速ですね。
しかしながら、WiMAXは無制限で利用出来ますがauのLTEは7GB超過後には通信速度制限があります。

HWD14のWiMAX受信感度について

あまりWiMAXの電波が良くない所に住んでいるのも問題ですが、WM3600Rに比べて格段に悪くなっている感じがしました。
WiMAXの電波をうまく掴めないようで 、通常ならそこそこの速度が出る場所でもスピードは遅かったように思います。

この電波のつかみの悪さは、URoad-7000という数年前に発売されたWiMAXルーターに近い物があります。
あの頃は、 電波もそんなに良くなかったので、もしかしたらHWD14の方が電波のつかみが悪いかもしれません。
良く検証していないので断言出来ないのですが、そんな感じがしました。

先日新しく発表されたNAD11では、WiMAXハイパワーにも対応するので受信感度はWM3600R等の製品と同等、もしくはそれ以上になっていると嬉しいですね。

 

 

 

やっぱりWiMAXは電波が良くない

WiMAXもauのLTEと同等なエリアをカバーしてくれれば本当に助かりますね。
WiMAXは規格的に不利な面もありますが、WiMAXの最大の問題は電波の悪さかなと思います。
圏外では話になりませんからね。

Screen Shot 2014-06-14 at 10.12.29 PM

本日(2014/06/14)、UQのサイトから取得したエリアマップです。
こう見るとエリアも大分広くなったように見えます。

通信エリアは地上のみでは無く、地下鉄などでも使えるようになってきているみたいです。
今度試して見たいです。