「メッセンジャーアプリデータ通信料0円サービス」目当てでFREETELを契約した。

今までiPadにイオンモバイルのSIMカードを入れて使っていました。基本的にWi-Fiで通信を行うものの、どこでも通信できる利便性に魅力を感じていたためです。そこで、1GB(500円)プランを契約し、基本的に高速通信をオフにして低速使い放題状態で使用していました。
当初はTwitterなどの利用に大きな問題を感じていなかったのですが、やはり画像などを読み込むのに大きなストレスを感じていたため、よく使うTwitterやFacebook、FacebookメッセンジャーがカウントフリーになるFREETEL SIMを契約してみました。

SIMカードパッケージはAmazonで買うことで安く手に入れることができました。
「メッセンジャーアプリデータ通信料0円サービス」は定額3GB以上のプランに契約している場合にのみ自動適用されるので、3GBプランを契約。SMSオプションも付けたので毎月の利用料は1,040円となりました。

このFREETELのサービス、対象になるサービスと内容が幅広いのが特徴です。

例えば、LINE、Facebook Messengerでは音声通話のほか、ビデオ通話まで無料の対象です。

Twitterに関しては投稿されている画像や動画(YouTubeなどへのリンク系は除きます)までもが対象です。

さらに、For iPhoneタイプのSIMカード契約なら、App Storeでの通信も無料ということです。

外出先でアプリのアップデートや新しいアプリをたくさん入れてもデータ量を消費しないということになります。

実際に使用した結果

1.1GBの通信を行なって、実際にカウントされたのは145MBでした。
Tweetbotが62.5MB流しているので、おそらくそれが利用量にカウントされてしまっているのだと思います。

ただ、Facebook Messengerで行なったビデオ通話の233MBに関してはカウントされていないことがわかります。

通信品質もそこまで悪くはなく、使いものになる感じでした。ただ日中の昼間などは通信速度が低下すると思われるのでうまく使えない可能性はあると思います。

AppStoreでアプリをダウンロード中、通信速度は5Mbps程度出ているようでした。高速ではありませんが、普通に使える速度です。

私が一番使いたかったのが、Tweetbot というTwitterアプリです。

ただし、通信料0円の対象になるのは公式アプリのみということで、おそらくデータ無料通信対象外。

Tweetbotが使えれば一番良かったのですが、やはり対象外のようで残念でした。

また、基本データ量を使い切った場合は200kbpsの通信速度制限が開始されますが、この無料通信対象のアプリも例外ではなく通信速度制限が行われるとのことです。

私の場合は3GBの契約ですから、なんとしてでも3GBを使い切らないようにしないと、月末までTwitterやFacebookなどが通常利用できなくなるということです。これは早急に改善を要求したいポイントです。

他社類似サービスについて

他社でも同様のサービスを行なっているところがあります。

たとえば「LINEモバイル」

LINEモバイルでは、3GB以上のプランをコミュニケーションフリープランと呼び、LINEやTwitterなどが無料通信対象です。

FREETELより優れている点は、月間基本データ量を使い切っても無料通信対象アプリは制限を受けず利用できる点です。

残念なところは、Facebook Messengerは対象外というところでしょうか。(LINEを使って欲しいでしょうからね)

他にもあります。
「DMMモバイル」では、「SNSフリー」を2017年9月下旬から開始します。

こちらは250円(税別)のオプションサービスとなっており、きほんでーたりょう3GB以上のプランで申し込みできます。

対象となるサービスはLINE、Twitter、Facebook、Facebook Messenger、Instagramとなっており、LINEモバイルと異なってFacebook Messengerが利用できるのが良い点です。

しかし、FREETELと異なりFacebook Messengerでの音声通話・ビデオ通話が無料通信の対象外になっています。

LINEに関してはFREETEL、LINEモバイル同様に音声通話・ビデオ通話が無料通信の対象となっています。

基本データ量を使い切ったあとの挙動については記述を確認できませんでした。

他にも何社かが同類のサービスを提供していますが、FREETELが一番幅が広いと思いました。

しばらく様子を見ながら使っていきたいと思います。

US版Amazon Driveの無制限プランが終了。大幅値上げ。

Screen Shot 2017 06 08 at 17 42 51

Amazon.comは、Amazon Drive (Amazon Cloud Storage)の無制限プランの受け付けを終了しました。
そして、既存ユーザーには現在の契約更新日までは現行のプランを維持出来るがそれ以降は同社が定めるプランへと変更となることを発表しました。

 

これまでは年額$59.99にて無制限のクラウドストレージを利用することが出来ました。
今後は下記の料金へと変更となります。

 

Screen Shot 2017 06 08 at 17 48 45

無制限プランは無くなり、最大30TBまでに。
価格はいずれも年額で、これまでの無制限プランにあたる料金だと1TBプランに相当するということになります。
なので、1TB以下しか使っていなかったユーザーはこれまで通りで、100GBも使用していなかったユーザーは値下げとなります。
しかし、それ以外のユーザーは全て値上げを受けることになります。

 

次回の自動更新を有効にしている場合、1TB以下のデータしか保存されていない場合は1TBプランで自動更新となり、それ以上となる場合は、ストレージプランでの変更操作が必要になるようです。

Amazon.com版のプライム会員は、引き続き無制限の写真保存と、5GBの無料ストレージは有効になるとのこと。

 

より詳しい情報は、公式の質問ページ(https://www.amazon.com/b?node=16591160011)を参照ください。

 

 

尚、現時点でAmazon.co.jp版ユーザーは影響を受けません。

これまでAmazon.comのAmazon Driveを利用していたユーザーは、Amazon.co.jp版のAmazon Drive無制限プランに変更すれば13,800円/年で引き続き無制限プランを使えますが、アップロードし直しの手間があります。そして、Amazon.co.jp版もいつ無制限が終了するか不明な点にも注意が必要です。

Y!mobileのスマホプラン解約時の注意

Screen Shot 2017 05 06 at 16 59 50

 
Y!Mobileのスマホプラン Lを契約していましたが、今回2年の契約期間満了につき他社にMNPしてきました。
Y!Mobileのエリアや通信速度について概ね不満は無かったものの、2年以上の継続利用についてはメリットが少なくなるので解約した次第です。
今回は解約時の注意について紹介します。
 
 
 
シェアプラン(子回線専用プラン)の注意

スマホプラン契約時は、オプション料金を支払うことでシェアSIMが使用出来ます。
スマホプランSでは月980円、スマホプランMでは490円、スマホプランLでは無料です。
これを使うことで、基本プランのデータ容量を追加SIM3枚まで利用出来るのでタブレットや他のスマホがある場合にデータ専用で使えて便利です。 

主回線を解約(MNP転出含む)をした場合、シェアプランの回線も自動的に解約にならないので個別に解約手続きが必要です。 

MNP番号を発行するときにもオペレーターの方が教えてくれなかったので、注意してください。 

 

 

データ容量2倍キャンペーン

Y!MobileへMNP転入してきた際、2年間は高速データ通信量が2倍になりました。

スマホプランLで説明すると、7GBまでは基本データ量ですが、そこから更に7GB分の通常速度に戻す追加料金が無料です。
 毎回申込みをするのが面倒なので、月14回までは自動的に通常速度に戻す申込みをする快適モードに申し込むことが出来ます。

これを申し込んだまま2年以上使うと、2年目以降は500MBの超過毎に500円(税別)が請求されます。
これは解約をしない場合でも注意して下さい。

データ容量2倍オプションは月500円(税別)で申込み出来るので、2年以上使う場合でデータ容量が2倍必要な方は忘れずに申し込みましょう。

 

 

期間限定の特典などには要注意

特にMNP特典の2年間データ容量2倍キャンペーン適用中で、快適モードにされている方は注意してください。
契約情報はMy Y!Mobileから確認出来ますので、確認しておくことをお勧めします。 

Y!mobile 502HWのSIMを504HWに移し替えて通信速度テスト

 

IMG 6410

502HWの通信速度があまりにも遅く、504HWを中古で購入してSIMを移し替えて使うことにしました。

そこで、同じSIMを使いどれくらいの差があるのかを検証してみます。

尚、私が所有している502HWは壊れている可能性があります。 

 

 

測定は、2017/04/28のAM 1:15頃から順番に行いました。
3日10GBの通信制限は超えておりますが、通信制限時間外になるので規制されていない速度のハズです。 
通信エリアは261Mbps対応エリアっぽい地域です。(地域名でのみ公表のため判別が難しい)

計測はMacBook Pro Late 2013モデルで行っています。

 

504HWの通信速度(5GHz / 標準モード)

 

   

 

 

504HWの通信速度(5GHz / アドバンスモード)

 

   

 

 

 

 

 

 

502HWの通信速度(5GHz / 標準モード)

 

   

 

 

 

502HWの通信速度(5GHz / アドバンスモード)

 

   

 

 

 

 

通信速度の差がありすぎてびっくり 

これまでルーターの故障を経験したことがありませんが、ここまで差があると驚いてしまいます。
502HWと504HWは、確かに性能に差がありますが 、手元の製品でここまで差があるというのは自分が持っている502HWが壊れている可能性がありそうです。

 

 

 

502HWのスペック

 

Screen Shot 2017 04 28 at 1 12 10Screen Shot 2017 04 28 at 1 12 18

 

 

 

504HWのスペック

 

Screen Shot 2017 04 28 at 1 11 40Screen Shot 2017 04 28 at 1 11 45

 

 

 

おまけ:iPhone 7 Y!mobile SIMでのスピードテスト 

   

これはルーターを使っていないので、ルーターとは関係ありませんが参考までに結果はこんな感じでした。 
通信速度にバラツキはあるものの、上りは10Mbps以上という結果が出ました。 
今まで502HWで上りが1Mbps以下しか出なかったのも、エリア的な問題ではなく端末の問題だということがよく解りました。

通信速度があまりにも遅い場合、ルーターの故障も疑ってみるのも1つです。自分は初期化や設定の変更をしても改善が無いので端末の故障を疑い始めました。
修理に出したところでどういう対応をされるのか分かりません。しかし、保証期間内であればまずは修理に出してみるのも手です。
ちなみに私の場合は既に502HWの保証期間が切れているため修理に出すことは考えてません。結果買い換えという結論に至りました。 

502HWのSIMを504HWに移し替えたら使えるのかテスト

 

IMG 6430

Y!mobile 502HWでの通信が酷く遅く、流石に有り得ないと思ったので中古の504HWを買ってみました。
504HWは同一の料金プランで利用出来るデバイスであり、発売からすこし経過しているため中古相場もあまり高くありません。
今回は3,000円程度で入手する事が出来たので502HWからSIMを移し替えて使えるのかどうかを試してみることにしました。

 

 

IMG 0000

ちなみにバッテリーパックが同一の為、502HWと504HWのバッテリーは入れ替えて利用可能でした。
型番は異なるのであくまで自己責任でお願いします。

 

 

IMG 1003

SIMを移し替えた結果、特に設定をする事無くそのまま利用出来ました。
使えなかったらどうしようかと思いましたが、無事に使えて良かったです。

ちなみに、305ZTは料金プランが別のためか502HW契約のSIMは使うことが出来ませんでした。 

Y!mobile 502HWの3日10GB超過後の通信速度は0.9Mbps以下

Pocket WiFiプラン2の直近3日データ量が3GBから10GBへ

 

対象プラン 対象 制限期間
Pocket WiFiプラン2
Pocket WiFiプラン2 ライト
Pocket WiFiプランSS
Pocket WiFiプランS
Pocket WiFiプランL
データプラン
前日までの3日間のご利用通信量が、2,517万パケット(約3GB)以上

2017年4月5日より
前日までの3日間のご利用通信量が、8,389万パケット(約10GB)以上

当日6時から翌日6時まで

2017年4月5日より
当日18時から翌日1時まで※1

Pocket WiFiプラン+
Pocket WiFiプラン
前日までの3日間のご利用通信量が、839万パケット(約1GB)以上 当日6時から翌日6時まで

※上記の表はY!mobileサイトより引用 

 

 

これまでは、直近3日3GB以上の利用をすると通信速度が制限されました。アドバンスモードでも同様です。
通信速度制限後は、YouTube HD画質が見れる程度の通信速度(実質3Mbps)に制限されていました。

2017年4月5日より、直近3日のデータ量制限3GBから10GBへと緩和されます。さらに対象となる制限期間も短くなります。
しかしながら、直近3日データ量が10GBを越えてしまうと、YouTube標準画質程度しか見れない通信速度(1Mbps)に通信速度制限がされるとのことです。

 

 

規約が変わって暫く経ったのでスピードテストの結果を貼っておきます。

 

制限開始5分前の通信速度 (17:55頃)

 

 

 

この段階では、通信速度が制限されていません。

 

 

速度制限開始直後 (18:00頃)

 

 

制限開始は18時から1時までですが、18時きっかりに制限が開始となりました。

 

 

 

日付が変わった直後の通信速度状態です。この状態だと300kbpsしか出ていないので何をするにも上手くいきません。
動画再生が一切出来ない他、Twitterに貼られた写真を見ることも難しい状況です。

 

 

 

速度制限解除直後 (1:05頃)

通信速度制限が翌1:00までなので、すこし余裕を持って1:03頃に通信速度を計測してみました。
規制を行うときは時間きっかりに行われましたが、制限解除の場合はどうでしょう。 

 

 

結果は、制限が掛かるときと同様にしっかりと時間で制限解除されているのが確認出来ました。

 

 

通信速度制限中のYouTube視聴について

iPhone 7でテストをしてみました。
使用したのはYouTube公式アプリです。 

144p = 快適に再生可能
240p = 問題なく再生可能
360p = 若干読み込みに時間が掛かるが再生可能
480p = 読み込みに時間が掛かるが再生可能
720p = 2分程度待っても動画開始せず
1080p = 2分程度待っても動画開始せず

 ※規制時間の比較的空いている時間帯でのテスト

 

こんな感じです。
144pや240pくらいなら割とストレス無く見ることが出来ました。
今までの3日3GB制限の時は、YouTube HD画質なら再生出来るという公式見解でしたので、それと比べると通信速度の低下による影響は結構ありそうですね。 

ただし、時間帯により通信速度が更に悪化するのでそのときは再生出来ません。 

 

 

通信速度制限中のWeb閲覧

使えないことはありませんが、どのサイトも読み込みが遅いです。
 

 

通信速度制限中のAbema TV

再生出来ませんでした。

 

通信速度制限中のAmazon Primeビデオ

再生出来ませんでした。
 

 

 

 

最後に

18時〜翌1時までの間の通信速度制限ですが、それ以外の時間では通信速度制限されないので、その時間帯を避ければ高速通信が無制限で使えることになります。

ちなみに、アドバンスモードで通信速度制限がされたからと標準モードに戻しても意味が無いことも書いておきます。
標準モードでも3日10GB制限の対象となります。 

通信も安定しないし、やっぱり他人にお勧め出来るような物では無いです。
検討されている方は他の会社の製品の方が良いかもしれませんね。

 

 

 

イマイチ分からないのが、同じY!mobile AXGPの回線を使っている305ZTだとこれだけ通信速度が出るということです。
通信速度制限が掛かっていないとはいえ、502HWではこんなに通信速度出たことありません。 
自分の502HWが壊れているような気もしますが、よく分かってません。 

Apple iPhone 7 256GB (PRODUCT)RED™ Special Editionモデルを購入

 

DSC 0126

先日発表されたApple iPhone 7 256GB (PRODUCT)RED™ Special Editionモデルを購入した。
本体色が赤になっただけで、性能や機能はiPhone 7と変わらない。 2016年9月に発売されてから実に半年遅れでの登場となった。

今回購入したのはiPhone 7であり、iPhone 7 Plusではない。7 Plusも(PRODUCT)RED™モデルが同じように登場している。

 

DSC 0134

開封するとこんな感じ。(PRODUCT)REDと書かれた赤いカードが同梱されている。

 

DSC 0139

写真で伝えるのが難しい色だとは思うが、大体こんな感じ。
是非店頭で実機を見て欲しい。鮮やかで綺麗な色をしている。

 

 

DSC 0144

iPhoneシリーズでは初めて赤ではあるが、同じ(PRODUCT)RED™モデルは、iPodシリーズで既に登場していた。それが今回初めてiPhoneにも登場したというわけだ。

 

 

(PRODUCT)RED™については、Appleのこのページを見ていただくと分かりやすいと思うが、簡単に言うと売上の一部(割合は不明)がHIVの対策基金に寄付されるというもの。
今回のiPhone 7で(PRODUCT)RED™バージョンが出た意味は大きく、今後(PRODUCT)RED™とその活動についての認知度が上がれば良いなと個人的に思う。